イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いまの食生活になるまでの長い道のり

b0166144_13101540.jpg
昔はこういうのが主食だった。

7〜8年ぐらい、ずっと自分のベスト体重より2キロぐらい多かったのです。
でも9月からの野菜中心の食事に変えてからというもの、あっという間に2キロ減り、いまではずっとキープです。

<ここまでの道のり>

1) お菓子中心の生活。
10代の頃から太った事がないし小食なので、朝ご飯は抜いてお菓子を食べたり、夕食もビールとポテチなどぐちゃぐちゃな感じでした。

2) うちのSさんがお料理好きなおかげで急激に食生活が充実。
きちんと3食取って、全体的にバランスの取れた洋食系。
朝は具沢山のスープとバターたっぷりのオムレツなど。
夜はパスタが多かったなあ、肉も必ず出た。

3) 4年前の断食経験で、1日2食・和食中心の生活に。
あまりの虚弱体質をなんとかしようと、一人でやすらぎの里で断食を経験。
そこで食事の大切さを知り、いい食材の持つ力を知りました。
なによりもびっくりしたのは、無理して食べなくてもいいってこと。
元々食が細いので、食べるのがつらいときも多かったから。
(動物は具合が悪いときは食べないでひたすら寝てるでしょって言われて納得)
やすらぎの里で紹介していただいた漢方の病院で、幕内秀夫さんの食事カウンセリングを一緒に受けて、うちのSさんも俄然やる気に。
大地を守る会の宅配食材や、合鴨農法で作られた玄米を使ってます。
玄米は自宅で精米して五分づき米に。
玄米は栄養価が高いけど、そのままだと私の胃にはかなり負担で湿疹が出てしまうので。

4) 昨年の秋のアレルギー再発でいくつかの食べ物をプラス。
そうして徐々に元気な体になっていたのですが、洋服の染料に肌がかぶれてしまったことがきっかけでアトピーっぽい症状が出るようになりました。
そこでアレルギー外来で爪検査。
体に足りないものを補い不要なものを外に出すために、サプリメントでなく食べ物で直しましょうという事で、アボカド・ひまわりの種・にんにくなど毎日食べるように指導され約6ヶ月ですっかりきれいに直りました。(いまも食べてる)
お水も一日2リットルぐらい飲むようにしています。

5) 9月からマクロビオティック風な食事に切り替え。
そしてこの夏、元気になったからと焼肉など肉メインの飲み会にでるたびに具合が悪くなりました・・・。
それで試しに9月から肉や魚をあまり食べない食事に変更。
もちろん全く食べない訳ではないし、外食でハンバーガーなども食べてますが。
それでお腹は凹み、お腹の調子もすごくいいです。(私の胃は、大量の肉を消化できないみたい)
タンパク質は主に豆などで取っています。
大豆やキノコ類を美味しいと思う自分にびっくりです。

気がつくと、この2年ぐらいあまり間食もしません。
我慢してる訳ではなくって別に食べたくならないんですよね。
すぐにいまの食生活にするのは大変だっただろうけど、徐々に変えていったのでよかったみたいです。


2010年賀状テンプレート色彩の虎仲良し虎(フォトフレーム)販売中
2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-22 23:04 | 日々のこと