イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Dr.パルナサスの鏡

072.gif072.gif072.gif072.gif展覧会情報:12/11〜26CHOICES FOR GIFTS 開催中072.gif072.gif072.gif072.gif
b0166144_13373645.jpg
パンフレットもきれい。

テリー・ギリアム監督の最新作Dr.パルナサスの鏡の試写会に行ってきました。

おなじテリー・ギリアム監督の「未来世紀ブラジル」が好きです。
初めて観たときすっごい衝撃的に好きになって周りの友だちに「いいよ!」って教えまくって、でも友だちに「デートで観に行ったけど全然つまんなかった。訳わからない。」って言われたのを思い出しました。

そしてこの「Dr.パルナサスの鏡」。

いきなり最初からもう、大人がみんな子供になっちゃいそうな気分の映画。
キラキラしてて「ちょっと歪んでしまった不思議の国のアリス」みたいな世界が広がってます。
想像力って楽しいね!
私もいろんな事を想像するのはたぶん人一倍好きだけど、人それぞれの想像力ってすごい。
欲望うずまく鏡の中の世界は、おそろしく豪華で毒々しい。
誘惑に負けちゃうのもわかります。
鏡をくぐるとトニーの顔がジョニー・デップになったりジュード・ロウになったり、元々はトニー役のヒース・レジャーの急逝によってこういう構成になったんだろうけど、それが彼の心の中の表と裏の部分を表してるみたいで、とっても必要な場面になってます。
そしてパルナサス博士の娘役のリリー・コールのかわいらしさは、人間じゃなくってお人形のようです。

とにかくキラッキラで素敵でキッチュで、驚いて、結構複雑で、いっぱい考えて、でもやっぱり楽しいからずっと口を開けっ放しで魅入ってしまう映画です。


2010年賀状テンプレート色彩の虎仲良し虎(フォトフレーム)販売中
2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-12-25 13:37 | 映画