イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

2009年 04月 09日 ( 3 )

いい気分でPerfume

b0166144_2035268.jpg
ピンクのじゅうたんみたい。桜の花びらが風に舞ってるのもきれいです。

久しぶりに映画の試写会に行ったら、とってもすばらしい映画だったのですごくいい気分。
映画の試写会って行こうと思ったら、結構時間を取られるし、小説すばるの映画評の仕事が終わってから、仕事に関係ないと思うとついつい足が遠のいていました。
でもこうやっていい映画に当たるとやっぱりまた行こう!と思います。

帰りはすごく楽しくなって、そうしたら久しぶりにPerfumeが聞きたくなって、ずっとヘッドフォンで

Perfume~Complete Best~(DVD付)

Perfume / 徳間ジャパンコミュニケーションズ

を聴きながら帰りました。
「スウィートドーナッツ」 好きだ~。自転車で、すっ飛ばしそうになった。


松尾たいこ公式サイトはこちら
by taikoma | 2009-04-09 21:00 | 日々のこと
ミーシャ/ホロコーストと白い狼の試写会へ。
試写会久しぶりです~。
ずっと、送っていただいてた試写状の写真(ミーシャがこちらを見据えている)が気になっていて
やっとタイミングが合ったのと、お天気もよかったので出かけてきました。
そうは言っても、きっと子供だましな感じでおとぎ話っぽいのかなあ~とちょっと心配してたのですけど。
出かける前に、つい他の人がブログで感想を書いてるのを読んじゃって結末も知ってしまったし・・・。(ネタバレありって書いてあるのを見過ごしてたあ。)

でも・・・・そんな事はどうでもよかったです。
この映画はすごいです。
ちゃんと子供が主役っていうか、ちゃんとひとりの人間が主役の本当にすばらしくおもしろい映画でした。
少女が両親への再会を夢見て、過酷な大自然を生き抜いて、途中で出会った狼の群れに助けられて信じられないような長旅をする・・・。
その大自然の旅の部分が本当にリアリティがあって、ちゃんと狼たちもCGではなく、観ている側にはすんなりとリアルに感じられます。
大自然の映像は見応えがあって、雪の白さと緑の深さとミーシャの赤い服がきれい。
狼たちの精悍で鋭くもやさしい眼にもひかれます。
少女の眼を通して描かれる戦争のひどさや両親への愛、そしてそのために戦う不屈の精神に、最後は涙がだーっと流れてしまいました。
映画で泣くのって本当にいやなのに、止められませんでした。
これは大人も子供も観て欲しいです。


松尾たいこ公式サイトはこちら
by taikoma | 2009-04-09 20:30 | 映画
b0166144_205389.jpg
女子の魂(ジョシタマ) 蝶々×よしもとばなな往復書簡No.14。
今回の絵は、池を泳ぐ鯉。
和風ものって好きなんです。
この仕事は、毎回自由に描かせてもらえるので、その時々で自分の興味あるものを描いてます。

Hanako (ハナコ) 2009年 4/23号 [雑誌]

マガジンハウス



松尾たいこ公式サイトはこちら
by taikoma | 2009-04-09 20:06 | 仕事のお知らせ(雑誌)