イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

2009年 10月 29日 ( 2 )

打ち合わせいっぱい

b0166144_1840476.jpg
犬好き編集者さんは菊千代と遊ぶためにわざわざジーンズを履いてきたらしい。
菊千代、すぐに懐いてお腹出してしまいます。

今日の午後は打ち合わせが3つ。
うちのSさんも打ち合わせが2つ。
なのでリビングを奪い合いです。
っていうか、重なったら私がアトリエで打ち合わせです。
一時間とか30分おきにスケジューリングしてたので、ちょっと早めに来ちゃうと待ってもらったりして。

そして夜はひさしぶりに新宿で会食。
地図を見ると伊勢丹のすぐ近くだったので、早めに出て伊勢丹に寄りました。
もう数ヶ月ぶりなんで、なにがどこにあるのやらって感じになってました。
前は目をつぶっても歩けるぞっていうぐらいだったのに。

でも〜やっぱり行くと買い物魂に火がつく〜。
ジミーチュウのシルバーラメのフラットシューズに一目惚れしてしまって「ジイィー」っと見てたら、店員さんに「ぜひ履いてみてください、足を入れるとすごく足がきれいに見えるんですよ!」っていわれてつい試着。
わーかっこいい!欲しい!と思ったけど、私の秋のワードローブ計画は終了したので、我慢しました。
えらいっ!

今日はカウンターだけの中華料理だったのですが、今までで一番うまいエビチリを食べました。
ブランデーと海老味噌をたっぷり使った車海老のチリソースはいままで食べた事のない味でした。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-29 23:38 | 日々のこと

この世界の片隅に

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

こうの 史代 / 双葉社

地味だけど、とてもいい漫画です。

舞台は、戦中の広島県呉市。
広島市から呉市に嫁いできた「すず」を主人公に、家族が普通の日常を送る様子を描いています。
1話ごとにひと月が流れ、だんだんと戦争の色が濃くなっていき、それはすずたちの生活にも影響していくけど、でもやっぱり淡々と毎日は過ぎていきます。
そういう生活の中でも当たり前にみんなで笑ったりご飯を食べたり恋をしたりしていて、その頃の人々の生活が垣間みれるようです。
けして反戦など訴えていないのですが、普通に生活するということがどれだけ大事か、考えさせられます。

呉市は、私が生まれて小学校4年生まで暮らした土地です。
だからたくさん出てくる方言や地名も全部わかります。
私はあんまり昔を懐かしむタイプではないのですが、ちょっとノスタルジックな気分になりました。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-29 16:18 |