イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

2010年 01月 09日 ( 2 )

b0166144_1636301.jpg
これは一番大きいサイズ。A3サイズの絵を入れました。

先日CHOICES FOR GIFTSで木寺紀雄さんの作品(リサ・ラーソンの作品を写真に撮ったもの)を購入しました。
b0166144_1636208.jpg
その時の額がとてもすてきだったので、さっそく同じ物を買いにD&DEPARTMENTへ。
横長とか真四角など、いろんなサイズを買いました。

小学校等で出た机の廃材(天板)を使ったフォトフレーム。
スタンド部分は、鞄をかけるフックを使ってます。

だから、同じ物がひとつもなくて、机のらくがきもそのまま。

マジックで「ファイト!がんばって」って書いてあったり、
カッターナイフで「ラブラブ」って彫ってあったり。

我が家の家具にしっくりなじんでいます。

071.gif071.gif071.gifTwitterはじめました071.gif071.gif071.gif

2010(2/4の立春〜)のえこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2010-01-09 16:38 | お気に入り

SOSの猿

SOSの猿

伊坂 幸太郎 / 中央公論新社

まずタイトルが不思議で気になって手に取ってしまいました。

二つのお話が交互に出てきます。
最近、こういうスタイルって多い気がする。
村上春樹の1Q84とか。
そしてそれが繋がっていくんですけど、そこにいろいろと仕掛けがあったりして。
あっそういうことかあ、ってだんだんと納得。

でもこういうスタイルってすごく好き。
別々の人生だったり出来事だと思っていたことが、そうではなかったり、無駄だと思っていたことが、後になって別の人を助けたり。
なんか「一人じゃないんだ」とか「気持ちが通じた」とか思えてきて。

そして主人公の悪魔払いをする二郎のちょっととぼけたキャラクターが好きです。
伊坂さんの文体とこの彼がとってもマッチしてるなあ。

孫悟空とかエクソシストとかすっかり忘れてたものが出てくるのも楽しいです。
大人のおとぎ話のようで、フワフワとした気分になります。

人間にはいい面と悪い面があって、絶対に悪い人はいないし、この話の中には現実的といえる部分と空想みたいな部分がたくさんあって、それを登場人物たちが受け入れていく様子もおもしろかった。

071.gif071.gif071.gifTwitterはじめました071.gif071.gif071.gif

2010(2/4の立春〜)のえこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2010-01-09 11:28 |