イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

2010年 03月 11日 ( 2 )

処刑人Ⅱ

b0166144_20475039.jpg
すごく楽しみにしてた処刑人Ⅱの試写会。

こういう男っぽいハードでちょっと笑える大げさな映画って好きなんです。

前作「処刑人」って日本公開2001年だったんだなあ。
ずいぶん前だ・・・。
あれから、私の生活もずいぶん変わったな・・・とちょっと感慨にひたる。

今回もやっぱり主人公の兄弟はかっこいい!
トレードマークのPコートも決まってる!
でもちょっとコンサバな感じがしたので別のファッションも見てみたかったです。

でも、「神の啓示を受けて悪人をぶち殺す」っていう設定とか、殺す前に説教みたいなのを唱えるのが、前回は気にならなかったのに、神を冒涜してる気が少ししてしまった。
なんだろう、この心境の変化は?

だけど、映画としてはとってもかっこいい出来映え。

この世には本当にどうしようもなくって法の裁きを受けずにはびこってる悪だってたくさんあるんだから、純粋に映画として楽しめばすっごくおもしろいと思います。

ウィレム・デフォーの出番がちょっとしかなかったのが、残念でしたー。

071.gif071.gif071.gifTwitterはじめました071.gif071.gif071.gif

ラジカントロプス2.0ネット配信中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2010-03-11 21:02 | 映画

17歳の肖像

b0166144_1441565.jpg
 17歳の肖像観てきました。

1961年ロンドン郊外に住む16歳の少女、ジェニー。
成績優秀で真面目な彼女が魅力的な年上の男性に出会って、変わっていく・・っていう話。

刺激的で魅力的な初めての経験ばかりで、今までの生活が全てくすんで見えてきて。
でもこういう体験って、誰もが一度はあこがれてしまうかも。

彼女が学校の先生と言い合うシーンすごい。
「真面目に勉強したって結局こうやってつまらない生徒たちに教えるだけの人生でしょ。」(ちょっと違うかも。すみません。)みたいな事言っちゃうの。
あの頃は、まだまだロンドンでも女性が活躍できる仕事って少なかったんでしょうね。

16歳ぐらいの女の子って、いろんな経験はまだまだ少ないのに、大人になったつもりで、でも周りを思いやる気持ちが少なくて、とっても残酷なことを平気で言ったり。
自分もそうだったな、きっと。

だけど失敗しながら、成長すればいいよね。

女性が観ると、きっとあの頃の自分を思い出しながら「キュン」としてしまうと思います。
ファッションやメークのかわいさも注目。

071.gif071.gif071.gifTwitterはじめました071.gif071.gif071.gif

ラジカントロプス2.0ネット配信中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2010-03-11 14:09 | 映画