イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

2010年 03月 24日 ( 2 )

b0166144_125884.jpg
春らしい器と盛りつけです。さすがー。
先付けは、ホタルイカ・アンコウの肝・のれそれ。

スタンダードプードルの菊千代が、おとといの夜から下痢。

菊千代は、もうすぐ三歳ですが、普段は全く快便で病気知らずだったのでかなり心配。
見た目は元気そうなので一日様子を見てたのですが、さらに下痢がひどくなり血便まで出てるので、目黒の動物病院へ。

ウイルス性とか虫がいるとかだとどうしようーと思ってたのですが、ワクチン接種やトリミングなどが続いたためのストレス性だったようです。
あーよかった。

菊千代もいくらもずっと通っている病院ですが、先生には絶大な信頼感があります。
人間用の病院よりもしっかり診察して、説明もきちんとして下さいます。

いつも混んでいますが、安心して犬を飼うために頼りにしている病院です。

夜は久しぶりに青華こばやしへ。
b0166144_12351482.jpg
やっぱり全て美味しい。
器もきれいで目も喜びます。(こういうのってなんていうのかな?)
ふぐの白子(ものすごく大きかった!)の表面をこんがり焼いて、だし汁に入れたものとか、タケノコとワカメのお椀とか、ふぐ雑炊も!

もちろん、この店初体験の友だちも大喜びでした、よかった。
b0166144_12583327.jpg
この間、ネットショッピングで間違えてキーホルダーを一個買うつもりが、三個買っちゃったので(夜中のネットショッピングは怖いね)一個、小林さんにあげました。

リサ・ラーソンのネコです。
小林さんが持ってると、エビの握りみたいだなあ。


emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifTwitterはじめましたemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gif

ラジカントロプス2.0ネット配信中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2010-03-24 23:32 | 日々のこと

葬式は、要らない (幻冬舎新書)

島田 裕巳 / 幻冬舎

あんまりお葬式について考えた事ってなかった。
ただ、葬式って儀式的でなんだかおおげさで自分はお葬式とかお墓とか要らないなあとは思っていたけど。

この本は、日本のお葬式がどうして今のような形になったのかということがよくわかります。
歴史的な部分からと、日本人が気にする「世間体」。
そして家族や社会のあり方が変わってきて、急激にお葬式の形が変わってきた事も。
戒名っていうのもいまいちわかってなかったけど、これを読んで納得。

最後のほうに書いてあった「最後まで生き切り、本人にも遺族にも悔いを残さない。」というのにとっても納得でした。

いずれにしてもこれからどんどん家族の単位も小さくなるし、会社員だとしても会社とのつながりが薄くなるし、まだまだ先と考えないで、読んでみるのもいいですよ。

おもしろいし読みやすいです。

emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifTwitterはじめましたemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gif

ラジカントロプス2.0ネット配信中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2010-03-24 10:16 |