イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

2010年 09月 20日 ( 1 )

映画「彼女の消えた浜辺」を観てきました。

まったく違う文化や習慣を持った国というイメージが払拭されました。

大学時代からの親友たちとその家族でのバカンス。
そこに招待された独身女性がこつ然と消えたというストーリー。

最初はみんなが同じような顔に見えて混乱したんだけど、ストーリーが進むにつれ、それぞれのキャラクターがはっきりと見えてきて、それぞれに感情移入出来てくるの。
すごくよく出来たストーリーで、ぐいぐい引込まれる。
それがイラン映画だってことは、女性の服装やお祈りのシーンなどでふと思い出すぐらいな感じ。

もちろん底に流れるイスラム教圏の制度や習慣は違和感があったりするけど、普遍的に同じだと思えるところが多かったのだ。

なんだかどこの国に生まれたとかっていうよりも、どんなことを考えているのか、どんな生活を好んでいるのかっていうことで気持ちを共有出来る気がする。
そして彼らが縛られてきたものへの葛藤やそこからどうしたいと思っているのかっていうのも見えてくる。
説明的なシーンや台詞ではなく、登場人物それぞれの行動や表情からそれらが伝わってくる。

監督は「観客を見下すような押しつけがましい映画は作りたくない」という信念を持っているとか。

たしかに見終わった後、私も一緒に行った人と「あのときの彼の気持ちはどうだったんだろう」「彼女のあの行動の意味は?」とかずっとずっと話していたもの。

余韻が長く続き、そして自分で考えて何かを見つけられる映画です。

見終わった後にもエリが凧を空にあげて走ってる笑顔のシーンがずっと焼き付いてます。

超オススメ!

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-09-20 16:52 | 映画