イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

2011年 07月 21日 ( 1 )

b0166144_17265693.jpg
春の個展「TaikoMatsuo_Layerd」でも、大空に羽ばたくトンビを描きました。なんかもうすでに懐かしいな。

7/7〜始まった、うちのSさんとの初コラボ「僕らの神話が終わった日」—そして希望の物語、連載も今日で8回目。

Chapter8:そして神話は再び甦った

以下は、抜粋した文章です。
--”僕らが作り出した神話。
それは僕らの生み出した輝かしい成果でした。
でもその成果は神話となることで、再び現実から乖離していきます。
本当は、僕らはものづくりや土地や成長や原発の安全を「神話」として扱うべきではありませんでした。
しかしそこに「神話」という詩的な言葉を与えてしまったがゆえに、それらは絶対的な存在に変身してしまう。
それはつねに検証し、つねに鍛え直し、つねに錬っていく「僕ら自身の努力」ではなくなってしまったのです。
神話となった土地や成長や原発の安全は、どこかで誰かが勝手に作ってくれる他人ごとになってしまいました。
それが「神話」の罪でした。”--

今回は以前描いた作品です。
のどかな山(たしか四国)を低く飛んでいたトンビ。

美しい姿だなあと見とれたのを思い出して、記憶から描いたものです。

生き物や自然はなにも語りかけてこないけど、見ているだけで涙が溢れたり、寄り添いたくなったり、笑顔になり元気が出てきたり。
とっても遅かったけれど、ようやくこの10年ぐらいで素直にそういう事を感じられるようになりました。

私はずっと「誰からも本当の自分をわかってもらえない」と、孤独感を抱えて生きてきました。
周りからはそう見えなかったかもしれませんが。
17歳ぐらいの時には、人生なんて30年ぐらいでいいなと思っていたぐらい。

まさかこんなに人生が楽しいと思えるなんて想像もつきませんでした。

不満を抱えながら動こうとしなかった私がようやく重い腰を上げて「絵の勉強をする」ために東京に出てきたのがきっかけ。
自分の行動によって環境を変えた事で、大切な人たちに出会えた気がします。

そうなると自分のモノの捉え方や生きることへの意欲などもどんどん変わりました。
まだまだゆっくりと少しづつ成長していきたいです。

次回は、7/23(土)AM10:00〜公開予定です。



「僕らの神話が終わった日」(文:佐々木俊尚 絵:松尾たいこ)特設サイトで連載中。

個展で販売したグッズとサイン入り作品集はPARCO CITY LIMITED SHOPで通販してます(7月末まで延長。パネルが好評だって。個展で売り切れちゃったハンドタオルもあるよ。)

2011.4.22〜5.29までの個展TaikoMatsuo_Layeredの様子(動画)

インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifTwitterやってますemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-07-21 17:33 | 日々のこと