イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

カテゴリ:未分類( 7 )

b0166144_0235925.jpg
最初から最後まで食べてる写真ばっかりだあ@Galleria Nazionale dell'Arte Moderna

名残惜しいけど、シチリアから国内線でローマへ。

泊まったのは、メインの辺りから少し離れたバチカン市国近くのNH GIUSTINIANO。

デラックスダブルのお部屋は、リビングとベッドルームが別々になっててよかった。
部屋でくつろぐのが好きなので分かれてるほうが好き。
そして新しくて機能的でモダンでシンプル。
このホテル、静かな環境だし一番居心地よかったなあ。(TripAdivisorで探したんだけど、やはり泊まってみないと自分の好みと合うかどうかはわからないですよねー)

地下鉄Lepanto駅まで700mだし、メインのテルミニ駅まで15分。

何回か利用したけど、地下鉄の駅は暗くて陰気だねー。
東京の地下鉄の今よりも暗い。
チケット売り場も小さい。
あんまり地下鉄は発展してないみたいだった。(掘ると遺跡が出てきちゃって進まないからって聞いたけどホントかな?)

人気のショッピング街、Via Cola di Rienzoはわずか50m。
この通りは、おしゃれなブティックやレストランもあるし大きな食料品店もあって、なんでも揃う感じ。

バチカン市国やサンタンジェロ城から徒歩わずか10分だよ!
b0166144_0163278.jpg
バチカン市国は昼間に行ったら、大行列だったので入るのは諦めた。(私は前に入ったし)

ローマはやはり食のレベルもシチリアより高いね。(量は少なめ)
お昼にTripAdvisorで4位ぐらいのお店に行ってみたら、そこは夜だけの営業。

でも絶対美味しいもの食べたいから、かなり歩いて28位のリストランテport a Castelloへ。
b0166144_0384566.jpg
ロケーションは悪いけど、スタッフが感じ良くってテラス席でごはん。

アンティパストはフリットミックス。
アランチーニここのが一番うまい!ボーノボーノ。
オリーブが入った小さいフリットも、ジャガイモコロッケみたいなのも!
b0166144_0212263.jpg
ホテルから歩いてこれるし、夜だけのピッツァが美味しいって聞いてたので、夜も行ったよ。
ローマ風の薄くてパリパリピッツァの美味しいのが、ようやく食べられたあ。
これはカルツォーネというギョーザ型の包み焼きピッツァ。
b0166144_0431260.jpg
アンティパストの豚の薄い脂?みたいなのが乗ったブルスケッタがすごく好き。(最初は別のお店でトマトのブルスケッタと間違えて注文したら美味しかったのだ)
b0166144_0263630.jpg
夜中に大行列なジェラート屋さんGelateria Dei Gracchiも行ったよ。

入口に発券機。
そこでチケット取って、店内の電光掲示板に番号が表示されたら注文できるの。
スタッフすっごいテキパキ!さすが人気店、美味しかった。
一度しか行かなかったのが悔やまれる。
b0166144_0391840.jpg
あと美味しかったのは、Twitterでローマ在住の方に教えていただいた美術館の横にあるGalleria Nazionale dell'Arte Moderna。
日差しが気持ちいいのでランチおすすめ。
b0166144_0531491.jpg
ここは地元の美術愛好家とかちょっとオシャレに敏感な人が集うそうで、たしかに今までになくみんなのファッション見るのも楽しかったな。

はじめて頼んだカツレツは、薄くて味は濃いめだけど、上にたっぷり乗ったトマトとルッコラと一緒に食べると絶妙な美味さ。

ローマ最後の夜は、やはりTwitterで「夕暮れからが、とてもきれいでローマらしい景色」と聞いて、コロッセオのある辺りへ。

石畳の両側にレストランがあっていい雰囲気〜。
オープンテラスも賑わってたな。
夜見るコロッセオとっても大きくてきれい。
b0166144_0541444.jpg
b0166144_0554363.jpg
コロッセオ近くのBarで白ワイン飲んで最後の夜が終わったのだった。(つづく)


個展で販売したグッズとサイン入り作品集はPARCO CITY LIMITED SHOPで通販してます(6月末まで)

2011.4.22〜5.29までの個展TaikoMatsuo_Layeredの様子(動画)

インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-06-27 00:45
b0166144_2156514.jpg
毎日、眺めてる。

私が広島で会社員だった頃から、大ファンのイラストレーター。
それは伊藤桂司さん。

ミキハウスから出てたクリンクランっていう絵本が好きで、他にも伊藤さんの画集はかなり持ってる。

絵の勉強をするために東京に出てきて、セツモードセミナーに通い、でもやっぱり一番好きなのは伊藤さんの絵だから、いっぱい見て、真似してコラージュにも挑戦したりして。

福井真一さんのイラストレーションスクールに通い始めると、授業に時々活躍中のイラストレーターがゲストに来て下さって、手法や絵への向き合い方などお話を聞いてその後、描いてきた絵を見てもらったりした。

そしてやっぱり第一線にいるイラストレーターの方々の言葉は、とってもリアルに響くのだ。

毎回、授業にはノートを持参。
一言も漏らさないように、一生懸命メモってた。

だから私は伊藤さんに絵を見てもらいたくなって、自分で事務所に電話をして何度か絵を見て頂いたのだった。
メチャクチャドキドキした。
今思い出してもドキドキする。

かっこいいアトリエで、初めて絵を見てもらったのは1997年7月11日。
なんで日にちを覚えているかっていうと、さっきその頃使ってたノートが出てきたのだ。

なんでも捨てちゃう私が、これはまだ持っていたの。

福井先生の教室に通い始めた第一回目のノート(1996年10月9日)には、

”とにかくたくさん描く。”
”描いていくと自分が何をしたいかわかる。”
”ずっと部屋に閉じこもって描いててはダメ。”
”おもしろくしようと思わないでいい、真面目に描いてたらおもしろくなった・・・というほうがいい。”

などなど、どのページもびっしりとなんか書いてる。
b0166144_2201674.jpg
このノート三冊もあるのだけど、読み返したらおもしろそうだな。
また後日、このことは書こう。

でね、先日代官山で開催されていた伊藤さんの個展に行ったのだ。
初日でトークイベントもやってたからご本人もいらっしゃって。

そしてそしてついに伊藤さんの原画を手に入れたのだった!

とにかく伊藤さんが描く絵は全部好きだけど、何度も会場をウロウロと廻って、でも色とモチーフに一目惚れしたこの絵に決定。
絵のタイトルは「寓話インコとロバ」だったかな?

あーあこがれの伊藤さんの原画が家にやってくる日があるなんてねえ。
嬉しくて嬉しくて、とりあえずは私が一日の半分以上は居るアトリエのデスクの前に飾ったよ。

幸せ。

そして私の個展TaikoMatsuo_Layeredも29日まで。
うちの犬たち(いくら&菊千代)がお世話になってるmtcのブログでも紹介してもらってるの。


4/22〜5/29松尾たいこ初の大型個展
TaikoMatsuo_Layeredぜひ来てね!


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-05-25 22:08
b0166144_21185694.jpg
「ヴェール」の挿絵と「絵」の挿絵です。

Presentsおかげさまで13刷!
累計で115000部発行。

Presents (双葉文庫)

角田 光代 / 双葉社



ずっと忘れられないで、読み続けられているなんて嬉しい。
っていうか、どんどん新たにこの本を読んでくれる人がまだまだいるっていう事だよね、すごいなあ。

同じ角田光代さんとのコラボ本「なくしたものたちの国」も、もっともっとたくさんの人に読んでもらいたい。
「なくしたものたちの国」で描いた原画は、いま開催中の個展TaikoMatsuo_Layeredでも見られるよ!

なくしたものたちの国

角田 光代 / ホーム社

今朝は嬉しいお知らせが。
個展の動員数が3000人超えたって。

もちろん、爆発的な人気ってことではないけど、私のいままでの個展では考えられないくらいたくさんの人たちが来て下さってるみたい。

もう二回目っていう嬉しいお知らせもTwitterのフォロワーさんから、ちらほらと。
昼間と夜では、また雰囲気が違う。
そしてその時の気持ちによって、気になる絵って変わってくるんだって。


4/22〜5/29松尾たいこ初の大型個展
TaikoMatsuo_Layeredぜひ来てね!


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-05-20 21:25
b0166144_23405581.jpg
個展TaikoMatsuo_Layeredでは不思議なレイヤーも見られますよ。来てね!

私の日本映画ベスト3に入ってる映画フィッシュストーリー

試写会で観て、あまりに好き過ぎてDVDも買ってまた観て。
もう二回もブログに感想書いてるし。(この日この日

そうして久しぶりにまた先日観た。
そしたらまたまたさらに心にズシンときちゃった。

なんか最近、私の周りには、自分の存在や自分の仕事を無意味に感じたりして、迷ってる人ってたくさんいる。

それはもちろん私自身も。

ストーリーは、大ざっぱに言うと、1975年に売れないバンドが作った音楽が、ありえない繋がりで、2012年の世界滅亡の危機を救う...みたいな話。

1975年の早過ぎたパンクのようなバンド「逆鱗」。
彼らの作った曲が「フィッシュストーリー」。

最後のレコーディングに臨む彼ら。
そうしてボーカルの彼が思わず「これは誰かに届くのかなあ。届けよ誰かに。頼むから。」っていう台詞があって。

いまの私の心には、すんなりとしみ込んだ。

その後、レコーディング後の居酒屋で、マネージャーが言う台詞にまたしびれるのだ。

「俺たちがこの時代で届かなかった思いが、時空を超えて繋がっていくんだよ。
あってもいいんじゃないかな。それぐらいのことは。
そういうふうにできてるんじゃないかな。世の中って。」

ちょっと今の日本の状況にもリンクしたりして考えさせられたり辛い部分もあるし、ありえないぐらいバカバカしいおとぎ話でもあるけど、でも最後はスカッと痛快で元気になれる映画。

私は、やっぱり「あってもいいんじゃないかな、こういうのって。」って思っちゃうんだよね。

時空を超えていつか誰かに届くんだ!

フィッシュストーリー [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



4/22〜5/29松尾たいこ初の大型個展
TaikoMatsuo_Layeredぜひ来てね!


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-05-17 23:47
b0166144_1851853.jpg
これは、偉い立場の人(親方?)用の法被だって。漢字が入ってなければ、おしゃれっぽく着れるかも?

キモノスイッチの「ユカタラブ」に行ってきたよ。

私もここのロックでアヴァンギャルドな浴衣が大好き。
去年買ったのは、ジャッカロープ

今回は、エヴァンゲリヲンとのコラボ浴衣などまたまた意欲的な柄がたくさん。
でも我慢した、とりあえず。
(東北の仕立て屋さんで、ジャスト自分サイズに作って下さるって!)

夏の暑さを乗り切ろうってことで、ステテコや団扇の提案も。
私のイラスト柄の扇子もあるよ。(ボクサー犬の柄)
b0166144_1863952.jpg
それから、この「てやんでぇ」缶バッジ。(300円で200円が義援金になるんだって)

”思い切ったことをする時に、このバッチを付けていれば、ちょっと気が大きくなります。人にやせ我慢をお願いする時も「ここは、てやんでぇでひとつ!」と言ってみましょう。”...だって。
b0166144_1875674.jpg
私は江戸っ子じゃない(広島っ子)けど「てやんでぇ」って、なんかいいねぇ。

江戸時代から続く、老舗の扇子屋さん「伊場仙」が関東大震災の時に顧客に送った震災見舞いハガキの復刻版付き。
(伊場仙は、震災で店舗を全焼したけど3日後には渋谷の自宅で営業を始めたそう。)

ちょっと長くなるけど、ハガキと一緒に付いてた、伊場仙/吉田誠男氏の文章がとっても心に残ったので載せるね。

--------------------------------------------------------------
「関東大震災直後に出された弊社移転通知葉書について」

 この葉書は、大正十二年(一九二三年)九月一日におきた関東大震災の直後に弊社から出された移転通知を複製したものです。社屋は関東大震災による火災で焼失してしまい、私の祖父、吉田直吉は渋谷の自宅で営業を始めました。被災後三日を空けず、営業を再開したとの事です。
 当店は江戸の初期から商売を始め、お陰様をもちまして今日まで続いておりますが明暦の大火、安政の大地震、関東大震災と十数回の災害に遭い、店の焼失、店員や後継者をも失うなどの過酷な目にいく度か遭遇してまいりました。しかしどの災害におきましても三日後には商売を始めたとも聞いております。
 ご無事な方々にはぜひともこの事態に萎縮することなく、いち早く日常に戻られますようお願い致します。お元気な方々には従前に増して、旺盛な消費活動を継続して行う事が復興を早める唯一の経済活動であることが私達が受け継いだ江戸からの知恵でもございます。
 この葉書の所在は長い間分からなかったのですが、今回の東日本大震災の当日、金庫内で散乱した書類を整理中偶然見つけました。これもなにかの縁だと思い、我々も先人の教えに従って生業を全うすべく、奮闘しようではありませんか。

平成二十三年三月 株式会社 伊場仙 代表取締役 吉田誠男
--------------------------------------------------------------

最後は、店長の金子さん&偶然会ったお友達みんなの笑顔ー。
ユカタラブは5/8(日)まで。
楽しい浴衣や手ぬぐい満載なので、みなさまもぜひ。

あっもちろん私の個展もね!
b0166144_1881493.jpg


4/22〜5/29松尾たいこ初の大型個展
TaikoMatsuo_Layeredぜひ来てね!


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-05-05 18:23
b0166144_224739.jpg
銀座の地下鉄の通路に個展のポスター発見。熱心に見て下さってる方がいらっしゃいました。

3.11以降、いろんな人と会うのがこわくなってた。
だっていろんな考え方の人がいるから。
そして自分に自信がない私は、違うと思っていても、そういうのにすぐ同意しちゃうから。

たぶん、本当に悪意を持っていろんな発言をしてる人はいないと思っている。
今後の事を考えて、「いい方向に行けばいい」と思っている人が大半。

だから、自分で決めたのは、「違うなと思う意見に同意はしないけど批判はしない」ってこと。

でも例えば私が思っている事の正当性をデータを使って、誰かを説得するとか論破するとか無理。
そんな知識もないし、争いごとが苦手で「この場は私が黙ってればうまく収まるかなあ」って考えて日々を過ごしてたんだから。

そんな自分をいきなり変えて、「私に賛同してついてきなさい!」なんて無理。

だから3.11以降、なるべくたくさんの人に会うのって避けてた。
複数の人に全然自分と違う意見を言われるときっと心にもない同意をしちゃうだろう自分が嫌だった。

ようやく4月に入って、この人なら大丈夫かな?って人と二人だけでごはんっていうのは復活。

今日も、半年ぶりぐらいに会う友人と恵比寿のお寿司屋さんへ。
私より10歳も年上の友達。
年齢に関係なく、ファッションの話・旅の話などするのは楽しかったし、価値観も一緒だと思っていた。

でも3.11以降、ずっと友達だと思っていた人たちのTwitter上のツイートがどんどんとエキセントリックになったりしてるのを見てるととっても怖くなってた。

私の世代でさえ「Twitterやネットなんて!」って思ってる人多かったから、それより上の世代なんて、日頃いったい何をみて何を感じてるんだか・・・とか想像するとすっごく怖かった。

でも会ってよかった。
私たちは根っこで考えてる部分は一緒。
不謹慎とか言われるのが怖くってずっと家族以外と本音で話せなかったんだって。

一ヶ月以上辛かったんだって。
そっか、そうだったんだね。
数日前に会った友達も「震災以来、誰にも言えなかった思いが言えてすっきりした。」って。

たぶん声の大きい人の前で言えなくなってただけの人たち。
3.11で失うかもしれないと思っていた友達との繋がりを再確認できた。

そういう人を私はこれからも大切にしたい。
b0166144_22183961.jpg
夜のギャラリー、初めて行ったけどお昼とまた全然違う感じ。
みなさんもぜひ。
TaikoMatsuo_Layeredは5/29まで。


4/22〜5/29松尾たいこ初の大型個展
TaikoMatsuo_Layeredぜひ来てね!


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-05-03 22:20
b0166144_17125422.jpg
開催中の個展TaikoMatsuo_Layeredの会場入口にある大きな山の絵。その制作風景。(描いたラフを大きく引き延ばしてキャンバスに乗せたところ。)

この間、NHKでやってたDEEP PEOPLEは、同じジャンルで活躍する一流のプロフェッショナル3人のトーク番組。

写真家の篠山紀信さん,うめかよさん,ホンマタカシさん。

3人とも、被写体に向かう姿勢も使う道具も全く違うのがおもしろかった。

篠山紀信さんは、撮影をショーのように捉え、一番いい場所&タイミングで写真を撮り、みんながハッピーになりたいから、セッティング完璧にしてデジタルで即座に撮る。

うめかよさんは、「自分が感じておもしろければいい」というのが重要で、興味を持ったものにパッと入り込んで自由に撮るために、デジカメをオートに設定して撮る。

ホンマタカシさんは、ニュートラルに撮るために、シノゴ(4×5)という大型カメラで自分のくせを排除し、被写体と仲良くなる前の緊張感の中で撮る。

そのスタンスの違いが、すごくおもしろかった。
それぞれの写真に、ちゃんと撮る人の姿が見えてくるのも不思議。

私は、3人の中ではホンマタカシさんの撮り方や考え方にとても共感した。

撮る枚数も、とても少ない。
静かに被写体と呼吸を合わせ、シャッターチャンスを待ち続けて撮る。

それは、相手を嫌な気持ちにさせたくないから。
テレビカメラに向かって、「いま僕はいやな気持ち。しつこいから。」って言ったのがとっても印象的だったな。

この番組を観て、写真に限らず、同じ風景を見たり、そこに日々出来事や出会いがあっても、それぞれの人の目を通して全然違ったものに見えたりも、するんだなあーと感じた。

それは誰が正しいとか間違ってるとかじゃなくっていろんな見え方があるんだなあと。

私も、風景や動物などを描くとき、こう見えて欲しいと思って描く事はない。
ただ、目に見えたものをなるべくそのまま描こうとしているつもり。

だけど、やっぱり私の目を通して、私の手を使って描く事でやっぱり私だけの絵になってるんだろうなあと思った。

普通に描いてると思っていたものが実は私だけのものだったなんて。
それは楽しい驚きなのだった。


4/22〜5/29松尾たいこ初の大型個展
TaikoMatsuo_Layeredぜひ来てね!


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-05-02 17:19