イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:旅( 58 )

b0166144_2045568.jpg
一番好きだったのは、この「高天彦(たかまひこ)神社」。

奈良でどこ行けばいいんだあー。
まったく下調べしてなかった前日、全国の神社仏閣に超詳しい友達と、奈良で青春を送った友達から情報をもらう。

基本的には、神社やお寺めぐり。

初日。

まずは大神(おおみわ)神社へ。
ここは大和の霊山・三輪山をご神体とする、日本で一番古い神社。
その隣の狭井(さい)神社から、 日本最古の道である「山辺の道」をテクテクと20分。
なんだか夢の中を歩いてるような不思議な感覚になったよ。
そして檜原神社到着。
ここは天照大神を最初に移した「元伊勢」と言われてるんだって。

鳥居から町を眺めると、なんとなく昔の人もたぶんこのままの景色を見てたんだろうなあと感じた。
b0166144_20445121.jpg

2日目。

朝から東大寺で小泉淳作さんが描かれた襖絵の一般公開を見る。
すごい行列に並ぶのはちょっといやだったけど、たった5日間だけの公開だし、友達がすごくススメてくれたので頑張った。

蓮の花の絵も桜の絵もすごいすごい。
桜の季節に本当の桜に負けないぐらいやさしくゆるぎない力強い桜に囲まれて圧倒された。

教えてくれてどうもありがとう!

小泉さんの書かれた文章がまたよかったなあ。
b0166144_20512114.jpg
それから高鴨神社へ。

池と桜と大きな木。
清潔ですっきりした神社の石段で、しばしぼんやり。
京都の賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)など、全国の賀茂神社の総本社だって。
b0166144_20453748.jpg

その後行った高天彦神社
b0166144_20463537.jpg

杉の大木に囲まれた道を通っていくと小さくて清潔な神社が現れた。

見たとたん、「あっここ好き。」

お参りしてる時にとっても気持ちがいい風が右からスウウッと吹いたのが印象的。
後で調べたら、この一帯は、古くは日本神話に登場する「高天原(神々がおわした土地)」と考えられていたんだって。

3日目。

前の日にふらっと入った居酒屋で教えていただいた又兵衛桜を見る。
b0166144_2046159.jpg
形と大きさに圧倒された。

その後、佛隆寺の千年桜
900歳ぐらいだって!

残念ながらほとんど咲いてなかったけど、石段を上がっていったお寺の隣にひっそり立ってる白岩神社
b0166144_20465495.jpg
お寺と神社が隣り合ってるのってなんだか不思議な感じ。
新しいけどなんだか惹かれるものがあってここも好きな場所だった。
その神社の真ん前にとっても大きな切り株があったのも印象的。
後で調べたら、平成10年秋の台風で倒木で倒壊したため立て直されたらしい。

奈良の神社はどこに行ってもその周りの山々も穏やかでキラキラしてて、四国の山を見たときの気持ちになった。
昔の人もこの景色見てたのかななんて思うと不思議だね。


4/22〜松尾たいこ初の大型個展
TaikoMatsuo_Layeredぜひ来てね!


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-04-13 21:20 |
b0166144_22452784.jpg
東京を離れたいなとすごく思った。
なんだかもう疲れちゃった。
毎日、揺れを感じるたびに心も揺れるのがとっても辛くって、それを何でもないよって思えるのにも限界を感じた。
体も心もバキバキ音がしそうに固まってた。

だから数ヶ月前から決めていた奈良旅行をとっても楽しみにしてて。

ようやく待望の日がやってきた。

しかし、いきなりのアクシデント(?)。
早めについた品川駅にはものすごいカメラの列。
スタバでお茶飲みながらだれが来るのかなーなんて思ってたら、お隣の車両にこの方が。

車両の中もこわもてな方々がいっぱいなんですけどー。
結局、リラックスのための旅行の始まりは、京都に着くまでキンチョー。

しかし奈良はよかった。
思いがけず、桜満開。
桜って桜って!こんなにすてきなフルフルしたやわらかい優しいものだったんだねー。

奈良の土地と人がやさしく包んでくれた。
ゆったりとおおらかな空気と、当たり前の日常が嬉しかった。

帰りの新幹線の中でも、うちのSさんと「今回の旅は本当に行ってよかったね。奈良ってすごいね。行くだけで幸せになれる特別な場所なのかもね。」なーんて語り合ったりして。

そうしてあっと言う間に着いちゃった品川駅。

エスカレーター登ったところで駅員さんがなんか叫んでる。
みんなの動きが止まってる。
でも天井から吊るされてる看板は大きく揺れてる。

かなり長い間に感じた大きな余震。

またまた否応なく現実に戻されちゃったナ。

旅の詳細はまた明日。


4/22〜松尾たいこ初の大型個展
TaikoMatsuo_Layeredぜひ来てね!


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-04-11 22:55 |
b0166144_16262468.jpg
入るとおひな様がお出迎え。

そういえば金沢に泊まったこと無いなと、決めた宿は浅田屋

せっかくだから金沢っぽい老舗に泊まってみたくって。
クチコミを見ると、お料理も美味しそうだったし。

行ってみると金沢駅のすぐ近く。
こんなにぎやかな場所に?って探したら、いきなりそこだけ趣のある旅館が現れた!
ちょっと京都の俵屋みたいなシチュエーションかな。

最初は、お部屋担当の和服姿の方のキリッとした雰囲気に圧倒されてしまい、なんだか居心地悪い気がしたけど、慣れてくると緊張も溶けてすばらしいサービスに心からのんびりできた。
老舗ならではの、細やかな気配りや心遣いはすばらしいなあと思う。
b0166144_16241777.jpg
夕食は、見た目の驚きよりもきっちりとおいしいお料理。

干口子のコンロ焼,のど黒塩焼き,治部煮など。

干口子は、能登産の最高級珍味なんだって。
そして普通は一枚250gぐらいなんだけど、浅田屋では特別に450gぐらいで作ってもらってるから分厚いらしい。
たぶん、干口子を食べるのは二度目で、もっと強烈な味だった気がしてたけど、ここのはふんわりしててやさしい甘みがあって、日本酒がグイグイすすむー。
b0166144_16251076.jpg
朝ご飯の土鍋のお粥は、葛でとろみをつけたお醤油でいただいたけどこれがかなり気に入ったよ。

旅館の目の前が、近江町市場だったので案内図(オススメのお店に印を付けて下さったもの)を持ってお出かけ。
b0166144_16264555.jpg
ふぐ子ヌカ漬け(フグの卵巣のぬか漬けで、石川県だけが販売出来るんだって)や加賀野菜を買った。
市場って、ブラブラ見てるだけでも楽しいね。

慶応3年(1867年)の創業で伝統的な数寄屋造りの建物。
けっして豪華でないし温泉があるわけでもないけれど、たった5部屋しかない旅館をずっと続けているのって、やっぱりそれだけ多くの人に愛されてるんだろうな。

帰るときも、みなさんでお見送りしてくださって。

こういう伝統的で素晴らしい宿は、ずっと続いてほしい。
そのためには私自身もそういうものをちゃんと見つけて利用して行きたい!と強く思ったよ。

次は最初からそんなに緊張しないで、すぐにくつろげそう。
金沢21世紀美術館もすぐ近くだし、また泊まりたいなっ。


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-03-01 16:38 |
b0166144_051860.jpg
プールの底みたいな部屋は、上から下からも覗けるので不思議な感覚。

ずっと行ってみたいなと思ってた金沢21世紀美術館でホンマタカシさんの展覧会が開かれてるのを知って行ってきた。

ここってすごい広い。
そして円形で気持ちいい建物。
b0166144_06146.jpg
そんな建物にぴったりのホンマさんの作品たち。

最初の部屋の「Trails」は、真っ白の雪の上に赤い色が飛び散った写真群。
シンプルで力強くって、いろんな物語を想像してしまう。
別の部屋の「Together:Wildlife Corridors in Los Angeles」。
ロサンゼルスに住む野生動物たちの生態を、動物たちの残した足跡や、人間たちが工夫して高速道路の下に残した動物たちのための道を淡々と写し出した作品。

そして、もうひとつ開催されてた「高峰 格 〜いい家・よい体〜」もすばらしい。
金沢近辺の古民家の柱や障子,ふすまを使って組み立てた仮想の「家」。
その中を映像が流れ、魂みたいな緑のグルグルしたものが駆け回り、足跡が現れ、ひそひそ声や笑いが聴こえるの。
おもしろいインスタレーションだったよ。

常設では、タレルの部屋が気持ちいい。
真四角に切り取られた天井。
この日は曇り空だったけど、だからこそ境目がわからなくなって一体化するような不思議な感覚に。
ここは人が他にいなかったので、特に楽しめたなあ。
b0166144_0124477.jpg
観光地化されてて、どの部屋もガヤガヤしてるのがちょっと(っていうかすごく)いやだったから。

インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。(「うちのSさんが作った毎日のごはん」を載せてます)

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-02-28 00:07 |
b0166144_0194799.jpg
瀧原宮、気持ちいい。

伊勢神宮、初めて行ったよ。

神社通の知人からの基本情報によると、伊勢神宮は正式名称「神宮」で、伊勢およびその周辺の神社125社の総称。
そのなかでメインとなっているのが外宮と内宮なんだって。
ってそんなことも知らないまま訪れたのだった。

教わった通り、外宮、内宮の順にお参り。
朝6時ぐらいに境内に入るといいよって言われてたけど、そんな早起き出来ないから
着いたのは10時ぐらい。

ものすごく広くてびっくりした。
そしてものすごく人が多くてびっくりした。

観光地みたいで辛くなっちゃったので、早々に退散。

知人の一押しオススメの瀧原宮へ移動。

内宮から車で30分ぐらいかかったけど、ここはすばらしかった。
着いた時にはだーれもいなくて、静寂な森の中を歩いてるだけで幸せな気分。
清らかな川がキラキラ。
b0166144_0202962.jpg
お社が4つあって参拝順序が決まってて、順番にゆっくりとお参り。
b0166144_0204588.jpg
途中から30代の娘さんとその母親らしき人が来られて、それは熱心にお参りされてて、あれだけされると神様も嬉しいだろうなあ。

私もなんとなく「ここに来れてよかったです。ありがとうございます。」って空に向かってつぶやいてみた。

ええっと...誰になんだかなー。


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-02-21 00:22 |
b0166144_15195384.jpg
御宿ジ・アース、名前だけ聞くと、きっと誰もが引いちゃうんじゃないかと思うんだけど、私の理想に近いすばらしい宿でした!

場所は鳥羽。

岬の先端にあって目の前は海が一望。
車で下って行く時、思わず「うわあすごいところだ」と声を上げました。
b0166144_15185440.jpg
私たちが選んだのは、メゾネットのお部屋

シンプルで天井が高くて開放感があり、北欧風のような和風のような作り。
布団は苦手なので、ベッドなのも嬉しいし、本を読むのに座り心地のいいソファもあっていい感じ。
露天風呂から海が一望。
b0166144_15202786.jpg
そう、私の好みは、露天風呂付き,和風だけどベッドがあって居心地のいいソファのある部屋。
これでさらに部屋食だと嬉しいけど、今回はダイニングで。
(部屋食対応のお部屋もあるみたい)

でもダイニング「嵐」もかなりよかった。

やっぱり天井が高くて海が見渡せる。
そしてなんといってもお料理がものすごく美味しかった。

一品づつが美しくそしてシンプルで薄味できちんと作られてて美味しい。
b0166144_15205437.jpg
和食のコースの焚合っていつもお腹がいっぱいになるだけで邪魔だなーって思ってたけど、驚くほど美味しかった。
黒あわびのバター焼(肝ソース)忘れられない味。
b0166144_15211681.jpg
ソムリエが和食に合うようセレクトしたワインリストが充実してたので、シャンパンとワインをいただく。
こういうところだから、ワインがなくなっても注ぎに来てくれないんじゃないかなーなんて思ってたけど、そんな心配は一切無用。
最初から最後まで全くストレスなく、すばらしいサービスの空間で過ごせました。

もちろん朝食も美味しくて、展望台からの眺めも最高で、最後までサービスに抜かりはなく。

今までで一番好きかもっ、ここ。


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-02-20 15:26 |
b0166144_2316108.jpg
かぶりものとか、こういうのに弱いの。

兵庫県西脇に行ってきましたよ、夫の実家。
横尾忠則が題材にしたY字路もすぐ近くなのだけど、なんだかとにかく寂しい場所。
だってこんな感じ。
b0166144_23182845.jpg
この辺りはびっしりと飲屋街だったらしい。

夫が子どもの時には繊維産業にかかわる若い女性たちですごい賑わってたとか。
家の近くに映画館があったんだって。

40年ぐらいで町の景色って変わるんだネー。

b0166144_23202992.jpg
すみません、大阪って年に一回ぐらい行ってたけどミナミはほぼ初めて状態なので浮かれちゃった。

美津ののお好み焼きは、山芋焼きと美津の焼とネギ焼き。
b0166144_23224419.jpg
山芋焼きのとろんとろん加減にびっくりだあ。
自分では絶対ひっくり返せないねっ。


インテリアにぴったりの犬プリントパネルはいかがでしょうか?

Facebook松尾たいこファンページ登録してね。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-02-03 23:30 |
b0166144_23562512.jpg
宿では好きな浴衣が選べたんで黄色に紫の帯、そして昼間っからビール。

10年ぶりぐらいになんにもイベントのない大晦日を過ごし、今までで一番のんびりしたお正月。

でもちょっと寂しいので、箱根へ一泊。

今回泊まった、箱根弓庵よかったよ。

えっと、私たちが好きな旅館って、部屋数が少なくてお部屋に露天風呂があって部屋食のところ。
部屋もなるべくならベッドのある和洋室。

せっかくだからなるべく誰とも会わず、お部屋でのんびり読書出来るところが好き。

だから今回も年末に急遽探したんだけど、ぴったりなところだったよ。
(お部屋によっては食事処で食べるみたい)
到着したらいきなり宿の前で女将がお出迎え。
ちゃんと名前も把握してるのってすごいわあ。

最初から最後までおもてなしの心の伝わってくるいい宿だったなー。
だから細かい失敗は気にならず。

お部屋は和室と寝室と露天風呂があって十分の広さなんだけど、それぞれが仕切られてて広さを感じられないのがちょっと残念かな。

お料理も多すぎなくてよかった。
全体的に、お正月気分のめでたい雰囲気で見せ方もステキ。
ただお品書きがなかったのでちょっと全体の量が読めず。
b0166144_2359892.jpg
東京からわずか二時間弱で、旅気分味わえるっていいね。


Facebook松尾たいこファンページ登録してね。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2011-01-06 23:49 |

京都から福井へ

b0166144_12461491.jpg
気比神宮の隅っこに小さい神社(?)がいっぱいあって、好きな空間だった。

京都からはレンタカーで福井へシュッパーツ!

一度行ってみたかった、滋賀のミホ・ミュージアムへ。
ものすごい山深い場所にあった。

ちょうど大きな企画展もない時期だったし平日なのに結構人がたくさんいたのにびっくり。
チケット売り場からテクテクと10分ぐらい歩いて行くの。
b0166144_1248277.jpg
エジプトの古代美術コーナーすごいよかった。
紀元前年の神像とかきれいに残ってるのにびっくり!
顔が隼とかカッコいい!

途中、彦根で降りて昼ごはん。
またまた食べログでチェック!本当に便利だ。

チャンポン亭総本家 彦根駅前本店で、和風チャンポン。
b0166144_1311149.jpg
これがまたうまいっ!
途中でお酢を垂らすと、別の味になって最後までさっぱりと食べられるの。
たぶん二度と行く事は無いと思うけど、本当に美味しかったな。

彦根城では、ひこにゃんに会えたよ。

ひこにゃんは、一日に二回ぐらいイベントやるみたい。
でも持ってるものを変えたりポーズを取るだけ。
これで30分がんばるひこにゃん。
b0166144_1301682.jpg
でも身体をくねらせたり手を振るポーズはかわいいなあ。
ひこにゃんの周りには縄で線が引いてあって近づけないようになってて、周りからお客さんが「ひこにゃーん」って呼ぶと、振り向いてくれるの。

ずっと見ていたかった。
b0166144_130339.jpg
まだ時間がたっぷりあったので、敦賀市の気比神宮へ。

すごく気持ちのいい空気の流れている場所。
奥に小さい神社?が並んでる場所があってそこがとっても好きだった。
なぜか宇宙戦艦ヤマト関係のオブジェが商店街に点在。

そうそう、滋賀を過ぎてから天候がすごく不順で、暴風雨・あられ・青空・虹などいろんな天気の中を走ったよ。
日本海は荒波で、どんよりしてた。
私は子供の頃から瀬戸内海ばかり見てたから、こういう海を見るとドキドキする。

夜は、鯖江のお友達たちと、越前カニ三昧。
b0166144_138566.jpg
この後、福井の大好きなお酒「梵」を浴びるほど飲んでしまった。(あんまり覚えてないけど、たぶん)
b0166144_13112799.jpg


Facebook松尾たいこファンページ登録してね。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-12-09 23:39 |

晩秋の京都二日目

b0166144_12261670.jpg
下鴨神社はまだまだ紅葉がきれい。

お昼ごはんは、食べログで見つけた京のつくね家

京都ホテルオークラに泊まったので、歩いていける範囲で探したの。
ホテルはここがどこに行くにも一番便利なので好き。

口コミでオススメになってた卵かけごはんと鳥スープセット。
b0166144_12265867.jpg

卵が濃くて美味。

午後はひとりで、下鴨神社の糺の森(ただすのもり)散策。
ツイッターでまだ紅葉がきれいって教えてもらったから。

たしかにきれい!
三往復もしちゃった。

まずは普通に歩く。
次はいっぱいキョロキョロしながら歩く。
最後は上ばっかりみながら歩く。
そうすると前回と違う景色に見えるし新しい発見もあって楽しいよ!
b0166144_122869.jpg
特別拝観の大かまどっていうのも見たけど、ただ大きいだけだった。

恵文社一乗寺店も行った。

ずいぶん前に一度行ったきりなの。
以前作った自費出版の作品集を気に入って下さって置いていただいたり、私の本の特集を組んで下さった事もあるのだ。
平日だし、場所も地味な感じなのにお客さんでいっぱい。
店内、こんなに広かったっけ?

ついついすてきな古本をいくつか見つけて購入。
こういうのは一期一会だもんね。

夜は、竹屋町 三多
さとなおさんのブログで紹介されてて知ったお店。
まだ出来て三ヶ月ぐらいかな?

おまかせコースは、カニメイン。
松葉ガニのメスが食べられる短い期間中だったのがラッキー。
b0166144_12301011.jpg

もちろんオスも堪能ー。

お店は、無駄なものが全くないシンプルで広めのカウンターとやはり広めの調理場。
どの器もすごいすてき。
b0166144_12304691.jpg
お料理は薄味で素材を生かした美しいお料理。

たらの白子とタラコで夫婦お碗っていう温かいお料理から始まり、蟹三昧。
焼いたり蒸したり。
真鯛のお刺身。
アワビと小芋のあんかけ。
近江牛の握り(卵の黄身の入ったキノコのソース)。
魚のだしで作った卵丼、九条ネギ入り。
わらび餅。
カニ酒。

覚えてるのはこれぐらい。(っていうか、うちのSさんに覚えておいてもらった)

ご夫婦で静かに営まれている一日二組だけの贅沢な空間で幸せな夜ー。


Facebook松尾たいこファンページ登録してね。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-12-08 23:07 |