イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅( 58 )

晩秋の京都一日目

b0166144_1134041.jpg
京都ー!

お昼は、京都文化博物館の中にある鳥彌三 あざみに行こうと思ってたら、博物館がリニューアル工事のため休館中。

残念。

では、ということで志る幸でたいめし丼&おとしいも。
b0166144_114123.jpg
ほとんどの人は利休弁当を頼んでるけど、私はここのたいめしが好きなの。
ふわふわした鯛のほぐした身がたっぷりかかっていて、山椒が利いてて。

おとしいもっていうのは、山芋がすり流してある白味噌のお味噌汁。
薄甘い味はやっぱりおいしいな。

お店の内装の古くさくて不思議な作りでチマチマした感じも、ああ京都に来たなーって感じがする。

喫茶ソワレも行った。
ここもレトロで大好き。

その後、京都国立近代美術館で上村松園展。

もうすぐ終わるからなのかかなり混んでる。
人が多いのすごい苦手だけど、がんばった。

水色とペパーミントグリーンと朱色が印象的。
フワフワやさしく流れるような線もいいな。

隣の平安神宮のお庭もお散歩。
b0166144_1142847.jpg
秋の木々はいいね。

夜は心屋仁之助さんと出逢い茶屋おせん

おかっぱ頭がかわいい元気で明るい女将さんと静かな大将がやってる小さなおばんざいのお店。

海老芋のからあげは、外がカリッとしてて中がフワッとしっとり。
b0166144_1145149.jpg
これはお麩を揚げたもの。
b0166144_1153432.jpg
たぬきごはんっていうのも初体験。
ご飯の上に揚げの煮たものを短冊に切ったものやショウガ、海苔がかかって、あんかけになってるの。

あーおいしかった。
先斗町は楽しいねえ。

でも京都の夜の寒さは格別だ。
芯から冷える感じ。


Facebook松尾たいこファンページ登録してね。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-12-07 23:45 |
b0166144_19533569.jpg
銀山温泉すっかり気に入った!こういう和風レトロな旅館だらけ。

朝もお風呂の後はお散歩。
ベンチに座って、川を眺めながらぼうっとしてると楽しい。

あんまり温泉街に泊まった事ってなかったけど、きれいな川があって後ろには山、街全体もレトロでちゃんと統一感があって、銀山温泉っていいね!
車も入れないから、宿の周りもゆっくりと散策できる。
宿数が少ないからなのか、団体客はいないし。

それにしても今回泊まった藤屋は、いままで泊まった中でもかなりお気に入り。
外観的には、周りの旅館のような純和風レトロな感じが好きだけどね。

でも周りにもなんとなくとけ込んでるすてきな宿。
b0166144_20383750.jpg
フロントがないのにはびっくりしたけど、客数が少なくモダンでシンプル。
和風だけどベッドなのも、朝夕、部屋食なのもいいな。
スタッフの気配りもすばらしくて、夕食の時も、次のお料理が出るタイミング絶妙!
b0166144_1954074.jpg

また来たいなあー。

蔵王をドライブして、名残惜しかったけど夕方東京に戻ったよ。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-08-19 23:52 |
b0166144_18574172.jpg
山形の銀山温泉は、小津安二郎の世界みたいだね。

2日間お世話になった秋田の知人宅から、山形へ向かう。
なんか田舎の親戚の家にいたような2日間だった。
仏壇のある居間で扇風機かけてスイカ食べたり、TVで高校野球見ながら夕ご飯。
いやーのんびりしたっ。
b0166144_18575867.jpg
チルーちゃん、元気でいてね。

山形に向かう途中も、きれいな田んぼがずううーっと続く。

お昼に寄った、新庄のハンズバーガーは、天然酵母パンを使ったやさしい味。
b0166144_19474647.jpg
またまた緑の中を走り、出羽三山のひとつ湯殿山にある湯殿山神社へ。
b0166144_18584343.jpg
鳥居のところからバスで上がっていくと、参道の下へ到着。
ここからは神聖な場所なので写真撮影は禁止。

みんな裸足になって、お祓いをしてもらうの。

でもってまた少し歩くと、オレンジ色の大きな石が!これがご神体なんだって。
なんの予備知識もないまま観たので、ああ、びっくり。
おまけにそのご神体に登るんですよ!いいんでしょうか。

ご神体の一部から温泉が湧き出てるみたいで、温かいお湯が素足に気持ちいい。
そしててっぺんまで登った先に見えるのは滝と山々。

なんか神々しかった!気持ちよかった!来てよかった!

月山・羽黒山とともに出羽三山って言われてて、修行する人とか登山する人が登ってるらしく、頂上まで三時間って書いてあった。
そして20代ぐらいの男性二人が真っ白い衣装(?)を着て登っていった。

もちろん私は絶対に登らないけど、すごく魅力的な山だなあと思って大好きになった。

今日の宿は、銀山温泉の藤屋
b0166144_1859675.jpg
なんだあ、この部屋はー!っていうような現代アートみたいな私好みの宿。
隈研吾さん設計だって。

お部屋の大きなシンプルなテーブルで川の水音を聞き、目の前のレトロな旅館を眺めながら美味しい夕食。
b0166144_18592540.jpg
一番うれしかったのは、尾花沢産の牛か岩がきを選べた事。

もちろん、岩がき。
そのおかげで、食べ過ぎになる事無く、美味しく頂けた。

夜は、お風呂に入った後(貸し切り風呂や露天風呂が5つもあるの!)、散策。
夕方までは、日帰り温泉に入る人たちで賑わってたけど、宿が10軒ほどのこじんまりした温泉なので、夜はとってもまったりと静か。

いろんな浴衣を着た老若男女がブラブラと歩いたり足湯に浸かったり。
川にはニジマスが泳いでた。

橋の上はオープンカフェになって、そこで食事している人たちも。

なんかいい光景だなーと幸せな気分に。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-08-18 23:56 |
b0166144_18125541.jpg
ババヘラアイス見つけたっ!薔薇の形にしてくれたよ。うすいシャーベットみたいで、けっこう好きな味。

角館へ。
武家屋敷が立ち並ぶ一帯。
b0166144_18305523.jpg
こんなに大きな武家屋敷がたくさん残ってるなんてすごいねえ。
でもすごい大雨になってしまって散策は出来なかったのが残念。
b0166144_18145625.jpg
お昼は途中のおそば若竹でかき揚げ御前そば。
東京の室町砂場で修行されてたんだって。
おそばは細くてモチッとしてて美味しかったけど、おつゆがものすごい色&濃さでびっくり。
あんまり食べた事ない感じが新鮮。
卵焼きもかなり濃いめの味で、昼から日本酒すすんじゃうよ。

おそばの盛りが普通のお店の半分ぐらいのせいなのか、秋田の人の口に合わないのか、店主いわく「地元の人は全然来ないんです」。
遠くから来るファンの方ばかりだから、土日以外はガラガラなんだって。

乳頭温泉や田沢湖をドライブして、帰りに丸竹食堂で十文字ラーメンを食べる。
ここはTwitterで教えていただいたお店。

すごーく澄んでてきれいな魚介スープに全然こしがない不思議な麺。
b0166144_18303279.jpg
なんだろーベビースターラーメンの大人版みたいな感じ?
私は薄くて軽くて好き!
でも上に乗ってる海苔は「ポストイットかよ!」っていうぐらい細かった。

知人宅でも、夜は秋田名物をたくさん頂いちゃった。
子持ちハタハタ,えぼ,いぶりがっこ,鯉のにつけ?,ヒレのにつけ?,三梨牛(湯沢の牛だって)。
b0166144_18334578.jpg
やっぱり一番美味しかったのは、岩がき。
でも大振りでミルキーなので三個も食べるともう大満足。

そして一番衝撃的だったのは、子持ちハタハタ。
ししゃもの卵みたいなのを想像してたら、卵が梅仁丹ぐらいでかいの!

なんか今日はごはんの事ばっかりだなあ。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-08-17 23:10 |
b0166144_0275767.jpg
西馬音内盆踊り、見てると気絶するぐらいかっこいいよ!ああ、ロックだねー!

知人のお誘いで初めての東北ー!
秋田の湯沢市でっす。
やっぱり稲庭うどん発祥の地ってことで佐藤養助。
秋田にはたくさんお店を出してるそうですけど、雰囲気のある漆蔵資料館へ。
蔵みたいになってる中のお部屋で稲庭うどん(二味せいろは、醤油だれとゴマ味噌だれ)。
b0166144_0285088.jpg
つるつるっとのどごし爽やか。

その後訪れた川原毛地獄はものすごく怖い。
b0166144_0291187.jpg
怖い前に 硫黄臭い。

いたるところに「有毒ガス注意」「やけど注意」とか書いてあって、怖いから終始息を止めてました。

秋田って奥が深いなあと思ってたけど、夜の西馬音内盆踊りでさらに確信。
(これを目的にした旅だったんですけどね)
こんなにすごいものだとは思ってもみなかった!

夕方は子供たちの踊りが多いらしいのですが、21時を過ぎると、お客様をもてなし終わった地元の女性たちが集まって来る大人タイムなんだって。

まーったく予備知識のないまま行っちゃったんだけど、これって日本の三大盆踊りのひとつらしい。

いきなり入口からいい感じ。
b0166144_0294574.jpg
遠くから、なんだか独特の音楽が聴こえます。

そして着いた先では、編み笠をかぶり端縫いと言われる衣装を着けた女性が静かに優雅に舞ってました。

もう到着したとたん、絶句して口をポカーン。
息を飲んでその美しさに圧倒されました。

途中から、元町長さんが取って下さった二階の桟敷席でまったり見物。
浴衣を着ていったんで、さらにムード盛り上がり!
いやあすごいですよ。

じっくり見ると衣装も二種類。

黒っぽい頭巾をかぶって踊る人は浴衣。(袖の部分が真っ赤あるいはブルー)
背が高くてかっこよさそうな(顔は見えないからね)男性の姿もちらほら。
浴衣は特注も多いらしくって、クモの巣柄とかかっこよかったな。

編み笠をかぶる人は、端縫い衣装。
これは、いろんな端切れを縫い合わせたもの。
配色などかなりアヴァンギャルドな感じがしました。

帯の結びかたも独特で、「ああやってみたいなあ」と思ったり。
(っていうか、着物ってもっと自由でもいいんじゃないの?)

そういう衣装の人たちなので顔は全く見えないの。
手先がツンッときれいに反ってて、静かにクルッと廻ると「ザザッ」っと音が響き渡ります。
地面に砂が撒いてあるの、廻りやすいように。
b0166144_0301683.jpg
たぶん長さは300メートルぐらいあって、そこで二種類の衣装の人たちが踊って、お囃子や太鼓ももちろんあって、静かな曲とちょっとユーモラスでエッチな歌詞が入った曲が交互に続きます。

太鼓やら歌を歌う人とか笛を吹く人たちも老若男女。
ああ、こうやって年齢問わずに楽しく同じ時間を共有してるって楽しいねえ。

最後はみんな編み笠や頭巾を取り払って集まってきて、お囃子衆の演奏に拍手&アンコール。
みんなの高揚した笑顔が印象的でした。

こういう日本のすばらしいものが廃れないで、続いているってことってすごい!

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-08-16 23:57 |
b0166144_1814524.jpg
弥生時代の人の気分を味わおうと、置いてあった衣装も着てみた。

最後の日はまず海へ!でもここはどこでしょう?

友だちにくっついていったので、地名わからず。
でもどこまでもなにも見えない広い広い海だった。
b0166144_18213735.jpg
そのあとは、古墳好きがいたので、出雲弥生の森公園&博物館へ。

古墳、すごく変わった形&そして激暑い!

すぐに隣の博物館へ。
普段だと、博物館とかいかないけど、涼しいので今回は積極的に行きます!

しばし弥生時代の人たちの生活などお勉強。

みんな、色をとても大切に生きてたっていうのが印象的。
黒,青,赤,白などをそれぞれのシチュエーションなどで使い分けて、生活の中のものを作っていたみたい。
見てたら、勾玉がほしくなっちゃった。
自分のファッションに似合わないのでやめたけど。

まだ時間があったので、船に乗ろーってことで、堀川めぐり。
船頭さんの船に乗って、ぐるっと廻るの。

b0166144_18133754.jpg
小泉八雲の生家や米子橋、松江城も見えるし、カメや白鷺が水辺でのんびりとしてるのもいい感じ。
船頭さんはみんなを一生懸命楽しませようとして精一杯歌を披露して下さってたし。
低い橋の下をくぐる時には、船の屋根が下がってくるので、みんなで一斉に頭を下げるのも楽しかった。

こうやって三日間終わってみると、出雲の美しい自然や昔の美しいものにたくさんふれた事でそこにあった昔の人たちの生活が少しだけリアルに想像できて、その人たちと自分が繋がってるんだなあって気持ちがわいてきた。
もう少し知りたいなと思ったよ!

友だちたちのおかげで、自分の中になかった宝物がまたひとつ増えた気がした旅でした。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-07-19 23:59 |
b0166144_17341789.jpg
最初に行った荒神谷遺跡は、ハスの花がすごく大きくていっぱい咲いてた!

そしてここは、弥生時代に使われていた銅剣が358本も見つかった場所。(それまでに日本中で発見された総数よりも多いんだって)
整然と並べられて見つかったらしく、発見されたのは1983年らしいけど、びっくりしたでしょうね。

あまりに暑かったので隣の博物館へ避難。

ついでのつもりで見た銅鐸の柄がおもしろい!
シンプルなラインで、魚や動物,自然の景色が描かれ、人物に関しては男女の差や前向きか後ろ向きかとか驚きのポーズなどいろいろ区別があるらしい。(全部、スタッフの方が説明して下さった)
b0166144_17455684.jpg
足立美術館のすばらしい日本庭園にしびれまくり、日本人の美意識の高さってすごいわあと思った後は、鳥取へ。
b0166144_17461853.jpg
途中で宍道湖の目の前のお店で鰻まぶし食べる。
これもふんわりして香ばしくてかなり美味しかった。

海沿いをドライブした後は、海辺のスッキリした感じの美保神社行って、イカ焼き食べる。

夜は超楽しみにしてた寿司処いわなりへ。

初めて食べたニナ貝が美味しいー。
b0166144_1747630.jpg
サザエよりはかなり小さいけど、タニシよりは大きい。
ただ茹でただけなのに、旨味があってそんなに苦くもグロテスクでもなくて気に入ってしまった。

他にも、くえや甘鯛のお造り,たこの口を炒めたもの,握りも美味すぎるっ。
b0166144_17472818.jpg
なんかいろいろ心に残った風景などあるのに、こうやって書くと食べ物の事ばかりになってしまうなあ。

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-07-18 23:33 |
b0166144_9282738.jpg
八重垣神社で、うちのスタンダードプードル菊千代に似た狛犬を発見。ちょっとディズニーっぽいシルエットがかわいい。

なぜだか神社巡りをするはめになり(っていう言い方も失礼だね)、島根へ。
私の友だちって神社とか歴史好きが多いみたい。

暑いのが苦手な私は、もう前日まで「あーなんで私、行くことにしちゃったんだろうー。」ってまったく盛り上がらない気持ちのまま空路、島根空港へ。

レンタカーでシュッパーツ!

ルートに関しては、全くお任せ。
私は、美味しいものが食べられればいいなーぐらいなんで。

まずは王道の出雲大社へ。
うわあー広いではないですか。
もちろん超暑いんだけど、見た目は涼しい澄み切った空気を隅々まで感じられる。

来てよかったなあーとすっかりご機嫌に。
b0166144_930492.jpg
ちょうど結婚式をやっていて、その様子を見ていると気持ちのいい風が吹いてきて、青い空にモクモクと盛り上がった雲の様子がユーモラス。

お昼は田中屋で三色割子そば。
かなりの人気店みたい。
b0166144_9311824.jpg
味ももちろんだけど、出雲大社の真ん前にあるしお客さんが大行列するようなお店なのに驕ることなく接客がとってもよくってすごいなと思った。

この後、友だちに引きずられ 長浜神社,須佐神社,須賀神社,熊野大社,八重垣神社と神社ばっかり!
暑い暑いと文句をいいながらも、実はお地蔵さんと狛犬が大好きなので楽しかったのも事実。

途中で寄った八雲風穴は、天然のクーラー。
地下水が空気を冷やして、岩に囲まれた穴を夏でも10度ぐらいに保ってる。
私はずっとここにいたいなあと少しだけ思った。

熊野大社が特に好きだったなあ。
b0166144_9325782.jpg

私たち以外だれもいなくって、でもとっても凛とした空気がみなぎっていて、包まれて守られてる感じがした。

夜はホテルから少し離れた、割烹温泉ゆらりで、瓦そばやシジミバターなどめずらしい感じのお料理を食べて楽しくおしゃべり。

出雲で暮らしていた昔の人々の生活の事などにもちょっと興味がわいてきた一日目は終了。


071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-07-17 09:20 |
b0166144_22271772.jpg
小松空港近くの偶然に見つけた公園。海がとっても大きくてきれい。(でもこのオブジェのマスコットは微妙だと思うなあ)

福井って美味しいものがたくさんあるし、気持ちのいい自然もいっぱいあるし、大好きな場所がいっぱいあるし、大好きな人がいっぱいいるので好き。

ってことに、今、書いてて気づきました。

一乗谷のお地蔵さんたち。
b0166144_22313449.jpg
どこに行っても、お地蔵さんと狛犬が実は気になるんです!
でもどっちも収集できないので、写真だけはたくさん撮ってて。
でもちゃんと整理してないのでどこの何だったのかが、意味不明。

小松空港に、もっとおいしいレストランが出来ると、もっともっと嬉しいです!

071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-06-30 22:35 |
b0166144_21151348.jpg
大切なお友達、三和メッキ工業の清水めっきさんとごはん。(と言いながらいまだに本名を覚えられない)

うちのSさんが福井で講演会をすると聞いて、「じゃあ私も行く」ってついていきました。

元々はまーったく福井なんて知らない場所だし友だちもいないし、福井出身者も会った事も見た事もないって感じだったのですが、5年ぐらい前かなー?(うろ覚え)、うちのSさんが本の執筆中に出会った福井のITベンチャー(?)の人たちに知り合ったのがきっかけ。

なぜか気が合って、蟹がおいしい時期に遊びに行ったり。
福井はごはんがおいしいし、好きなショップも見つけたりして。

今回はまたまたTwitter大活躍。
教えていただいたおろしそばの美味しいそば蔵 谷川へ。
b0166144_2111539.jpg
こんな場所に?っていうような住宅街で、普通の大きな一軒家みたいな店構え。
とっても辛い大根おろしの乗ったおろしそばと、そばがきが絶品でした。
ありがとうございます。

そしてそのあとは、雑誌の特集で知った一乗谷へ。

ソフトバンクのCMで使われた武家屋敷群もすごいけど、朝倉館跡付近の景色とかお地蔵さんとかすごくよくて、歴史を知らなくてもなんかずっとそこにいたいなって気持ちに。
b0166144_211053100.jpg
ちょっと暑すぎたので、次はもうすこしいい気候の時にゆっくり見たいなあ。

でもって、毎回絶対に寄ってる田中眼鏡本舗でたっぷり一時間はいろんなのを試したり。

夜は、ひさしぶりに会っためっきさんやどんまいさんとごはん。
久しぶりに会ってもなごめるメンバーって本当に大切な宝物です。

めっきさんの計らいで、普段手に入らないような食材を揃えていただいたようで、大満足。
若狭牛の石焼(?)絶品でした。
b0166144_21112876.jpg


071.gif071.gif071.gifTwitterやってます071.gif071.gif071.gif

公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS

私の記事が見られたり作品販売などしているサイトの紹介ページ
by taikoma | 2010-06-29 20:52 |