イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:旅( 58 )

b0166144_21533189.jpg
お昼にルームサービスでワインを飲み過ぎて起きたら夕方。

眠気覚ましにドライブ。
古宇利島まで行ってきました。
そして標識を見つけてものすごい細い道を上って行ったのがアマジャフバル文化財公園
b0166144_215793.jpg
琉球王朝時代、異国船の接近を首里王府にのろしを上げて知らせる大切な役目を担っていた遠見番所跡(とおみばんしょあと)だそうです。
着いたのは19時を過ぎていましたが、まだ明るい。
誰もいなくて緑は濃くて、自然ってすごい!って感じの場所でした。
自分の小ささとともに自然と一体になった気分でした。


主な仕事はTAIKO MATSUO ART-WORKSで見られます
古い作品についてはtaikographic
by taikoma | 2009-06-14 23:43 |

神様が降りる場所へ

b0166144_23101959.jpg
聖水らしきものがたくさん降ってきました。(雨上がりだったしね)

今朝もなんだか青空。
もうひとつ行きたかった場所「斎場御嶽(せーふぁうたき)」へ。
世界遺産に登録された史跡で琉球王国の聖地。
国家的な祭事が行われていた場所だそうです。
知らなかった!(偶然買ったELLE JAPONの特集で知ったのです)
私には霊感とか何かを感じる力とか何にもないのですが、そんな私でもなんだかおごそかな守られてるような気持ちになる場所でした。
b0166144_23162584.jpg
三庫理(サングーイ)と呼ばれる拝所の三角の部分から日が当たってる感じが好きでした。
久高島もきれいに見えました。

ランチはやはりELLE JAPONに載ってた中本鮮魚店へ。
魚汁定食とモズクの天ぷらが激うまでした。

その後、大雨になって、ホテルに帰って屋内プールへ。
やんばるの森に面したデイベッドで、昨日と同じジントニックを飲みながらまったり読書。
時々泳ぐ。
昨日は久々の水泳だったのですぐに疲れたけど、今日はかなり泳げました。
でもやっぱり平泳ぎのほうが疲れないな。

夜のお食事。
お昼を食べ過ぎたので、あんまりお腹が空かずどうしよーって思って、ネットで検索して見つけた名護市内のジャンバルターコへ。
b0166144_2326553.jpg
タコスとローストチキンがうまかった。
その近所ですごく大きなガジュマルの木を発見。木を見るのって大好き。
b0166144_2327134.jpg
まだ早かったので、喜瀬別邸内のバーへ。
20時過ぎなのにまだ誰もいない。
前回はカウンターだったので今日は個室でモスコミュールを飲んだ。やっぱりいい一日だった。


主な仕事はTAIKO MATSUO ART-WORKSで見られます
古い作品についてはtaikographic
by taikoma | 2009-06-13 23:16 |
b0166144_2216197.jpg
お昼は、浜屋で浜屋そばとゆしどうふそば。ゆしどうふそばには、ごはんも付いてて、全体的に白いです。浜屋そばは、軟骨入りソーキで小さいサイズがあったので私にはちょうど良い感じ。うまいっ!

雨のつもりだったのに、起きたら結構青空。なんかラッキーな気分。
軽く朝食を取った後、ランチは北谷町の浜屋へ。
その後、今回のメインイベントの一つ、沖縄の器「やちむん」を見に読谷村へ。
一度衰退しかけたけど、柳宗悦たちが琉球文化のすばらしさを世に広めて復活したらしいです。
行ってみて初めて知ったのですが、いろんな器が集まっているやちむんの里っていうのがあった。
いろんな工房が集まっていてそれぞれ個性的。
中を散歩してるだけでも楽しい。作ってるところと売ってるところと両方見られるの。
b0166144_22281511.jpg
そこで、宙吹きガラス工房虹っていうところのグラスと北窯の器を買いました。

いったん帰って室内プールへ。
急にすごい豪雨と雷。
でも雨音を聞きながら読書&お昼寝しました。

夜は、知人に紹介してもらった秋田から移り住んだ漆工芸作家の原田ご夫妻のお宅へ。
大堂(うぶどうって読むのだ)に移り住んで11年。
漆にはとてもよい気候だそうです。
私は漆っていうと正月のお椀のイメージしかなかったのですが、見せていただいた原田城二さんの作品はどれも私の今まで持ってたイメージを覆すものばかり。
どの作品も生き生きとして新しくて、でも日本の美そのものでひとつひとつに魅入ってしまいました。
b0166144_22381162.jpg
自分たちですべて手作りしたというお宅と作品が本当に自然に沖縄に馴染んでいます。
b0166144_22481297.jpg
沖縄ならではの食材を使った家庭料理とおいしい泡盛で、外は大雨でしたが温かい沖縄のお家に守られて楽しい夜を過ごしました。
初対面の私たちをすんなりと受け入れてくださってありがとうございました。
b0166144_2245324.jpg
原田さんちのチルーちゃん(沖縄では、鶴という意味らしいです)は、元々は捨て犬でガリガリでぼろぼろだったらしいですが今ではすっかりと穏やかに。
沖縄にはたくさんの捨て犬がいるそうです。
チルーちゃんも今帰仁城跡で、一年ぐらい野良犬として過ごしていたらしいです。
こんなに愛らしい目を持った犬を捨てるなんて・・・。(涙)
うちのいくら(ケアンテリア)にかなり似てました。
いくらは、今頃(ペットホテルで)元気にやってるかなあ。


主な仕事はTAIKO MATSUO ART-WORKSで見られます
古い作品についてはtaikographic
by taikoma | 2009-06-12 23:15 |

沖縄に着いた

b0166144_22241758.jpg
今読んでるのは、村上春樹の「1Q84」。

沖縄に着きました。
那覇空港に着いたときには青空も見えたのに、北部に向かうにつれ雨模様。
雨は一週間ぐらいつづく予報だそうです。

でも私たちの今回の旅の目的(いつもだけど)は、のんびりして本を読んで美味しいものを食べること。
前回(昨年の10月)は天気の良い日が続き、つい欲が出ていろんなところに出かけすぎたので、今回はいっそホテルに籠もってのんびりできていいかもなんて思っています。

宿泊先は、前回と同じ喜瀬別邸
前回は使わなかった屋内プールやライブラリーも堪能したいな。

とりあえず道すがらガジュマルの木など眺めてるだけで、やっぱ沖縄いいなあ。
14時前にホテルに到着。
b0166144_22315162.jpg
ランチはホテルの中のレストラン。
その後、読書&お昼寝。
夜もホテル内の鉄板焼きレストラン。
やんばる牛とかドラゴンフルーツの芽など珍しくて美味しいものばかり。
前回も来たけど、ホテル内ではここが一番好き。


主な仕事はTAIKO MATSUO ART-WORKSで見られます
古い作品についてはtaikographic
by taikoma | 2009-06-11 22:25 |

デトックス終了

b0166144_1261397.jpg
3泊4日のやすらぎの里 高原館でのデトックスの旅も今日が最終日。
今朝は6時30分から、みんなでバスに乗って桜を見に行った。
結構咲いてる場所はすごく咲いててきれい。

そして朝ご飯を食べて終了ー。
今回ほど、本当にぐたーっと過ごしたのも初めてかも。
ほとんど出歩かず、岩盤浴もしなかったし(施設に付いてるのです)
温泉も入らなかったし。

でも頭をからっぽにしてぼーっと過ごすのもいいもんだと思った。
内臓脂肪の数値が1減った。


松尾たいこ公式サイトはこちら
by taikoma | 2009-03-30 23:02 |
今日で二日目のやすらぎの里 高原館
ここに来るのって何度目だろう。
数えてないのでわからないけど、だいたい半年に一回来てる。

ここは断食施設なんだけど、私はいつも自然食コース。
でも来る度に湿疹が出てしまって、
代表の大沢先生によると、どうやらこの食事でも私には断食ぐらい身体に負担らしくって
(玄米を消化しにくいのと栄養を吸収しにくいらしい)
今回は、特別に「高タンパク質コース」。
ご飯は、玄米でなく、五分づき米。そして他の人よりも一品、魚かお肉が多い。
b0166144_1203886.jpg
これが今日の夕食。
車麩の入った肉じゃがが美味しかった。
もちろん全部、完食。洗わなくていいぐらい、お皿はピカピカ。
なにしに来たんだっていうぐらい普段の食事と近い感じのメニュー。
でも大きな違いはお酒がないことですね。
参加者の8割は断食コースなので、野菜スープのみの食事。
(昨日の夜が、酵素ジュース・今朝が野菜ジュース)
みんなよく頑張ってるなあと思うけど、私にとってはこの食事が断食ぐらい負担なので
別にこらえ性がないわけではないと聞いてちょっと安心。

昨日の午後、こちらに着いたのですが
平日なのに、東伊豆の海岸沿いの道路はかなりの渋滞。
なんでこんなに道路が混んでるのかな?って思ってたけど
いまは春休みだった!
そういうのって自分に関係ないから忘れてた。祝日とかもよく忘れるけど。
大失敗ー。

今回は友達など4人で来てて、今日はドライブで大室山に。
リフトは寒かった。

後の時間は読書。
と言っても、読んでるのはマンガ。
ここには本棚があっていろんな本やマンガがいっぱい。
つい一巻目を読んだら止まらなくなってしまって・・・。
ってことで、いっぱい持ってきた本はまだ一冊も読んでない。


松尾たいこ公式サイトはこちら
by taikoma | 2009-03-28 21:08 |
二日目は頑張って早起きして(最近起きるのがいつも8時以降なのです・・・)嵐山へ。
前夜、品川駅で買った

銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)

ジョージ秋山 / 幻冬舎

を読んでたら、ドラマよりもすごく暗くてひどい話で寝付けなかったので朝がつらかったです。
(友達は子供の頃読んで、トラウマになったらしい)

前の日に乗ったタクシー運転手さんが、「嵐山は桜が満開だ。」っていうから来たのに
そんなに咲いてないじゃないですか!
でも嵐山自体、桜はそんなに多くなくて、秋の紅葉のほうがすごいらしいです。
渡月橋を渡ってたら、遠くの山の桜がきれい。
あそこに行きたいねって歩いてたら、貸し切り舟発見。
b0166144_2149243.jpg
船頭さん付きの大きな舟でした。
まったりと桂川を渡ってて、「あ~甘酒とか飲みたいよねえ」って言ってたら
向こうから売店が接近してきた!コントみたい。舟の売店です。
おでんも売ってた。
b0166144_21495977.jpg
甘酒とみたらし団子を買って、ごきげんな川下りでした。
本当は、一週間後とかが、桜が満開だったのかもしれないけど
人混みがきらいで行列もきらいで、
いつも海外はシーズンオフに行ってる私には大満足な感じ。

ゆったりとした時間が好きな私たちは、嵐山で他のお寺とか見ることもなく、
土産物も見ないで四条に戻り、志る幸で、鯛めし丼と「おとしいも」の、白味噌汁のお昼ご飯。
やさしく甘い味にやみつきです。
村上重で、季節のお漬け物をあれこれ買ったら、私は燃料切れ。
友達より一足お先に東京に帰りました。
すごい充実してたよ~。
また秋に行こうね!とがっちりと約束を交わして別れました。
帰りの新幹線は爆睡だったので、あっという間。

今回の宿は、ウェスティン都ホテル京都
予想外に天気がよくて東山が一望できたし、京都駅のサテライトコンシェルジュで荷物を預けられるし、帰りも駅に届けておいてくれるので身軽に動けてよかったです。
でも、京都ホテルオークラのほうが立地がいいし、全体の古くささも好みかなあ。

それにしても京都ってなんて楽しくて魅力的。
大人のためのテーマパークだなあ。
次はどこに行こうかな。


松尾たいこ公式サイトはこちら
by taikoma | 2009-03-26 21:51 |
今年二回目の京都。
今回は、京都通で着物大好き&おいしいもの大好きな友と一緒だったのですごく期待大な感じ。
b0166144_20405879.jpg
お昼に着いて、まずは鳥岩楼で親子丼。
なんか趣のある二階の座敷で、親子丼とスープ。(卵の上にウズラの生卵が謎)
両方とも結構濃厚です。
でも丼がとっても小さいので私でもペロリと食べられました。

その後は、天神さんへ。
毎月25日だけたくさんの出店が並びます。
大人のお祭りって感じで、結構どのお店もおもしろい!
私は、北欧向けの輸出用食器のお店で、古い花瓶とかタイルを買いました。
b0166144_20424696.jpg
途中で、すごくおもしろいひょっとこみたいな急須を見つけたのですが
それを友達がものすごく気に入って買ったのは意外。
コンサバな雰囲気の彼女のそういう趣味が好きです。

夜は、京野菜を使ったイタリアンのお店、リストランテt.v.b
思いっきり、祇園!って感じのど真ん中で、花見小路をちょっと入ったところ。
途中で舞妓さんも見かけたりして。
お店も町屋を改装してて京都に来たぞ~って気分が盛り上がります。
お料理もサービスも雰囲気もよかったです。
店内は、席と席の間がほどほどに空間があって、内装もほどよくクールにモダン。
サービスの方もサバサバとフレンドリーで丁寧な感じ。
12000円のコースにしたのですが、シェフが朝取ってきたという野菜をふんだんにつかったすばらしいコースでした。
本当にすべてのお料理が完璧においしかったのですが
私は「稚鮎とタンポポの葉のサラダ」「朝掘り筍と蛤を空豆のソースで キャビアを添えて」が特に印象的。
冷製パスタ好きの友達は「飯蛸の低温煮と花菜の冷製カッペリーニ ピリリと辛いソースで」に感激。
そして三人共が絶賛したのが最後に出てきた「牛・大根・山芋」。
たしか7皿目ぐらいだったし、普段だと、もう肉はいいよ~って気分なんだけど
これはあっという間に完食!
お肉が見た目はザッハトルテみたいに真っ黒で艶々とソースがかかってるのですが
一緒に添えられた大根と山芋とともにぱくぱくと食べられます。
b0166144_2144235.jpg
大満足でお店を後にしたあと、鴨川沿いの桜を眺め、八坂神社にお参りをして帰りました。
(京都に来るたび、すごくたくさんの神社やお寺にお参りしてる気がする)


松尾たいこ公式サイトはこちら
by taikoma | 2009-03-25 23:34 |