イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

<   2009年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

b0166144_21434395.jpg
110万人が泣いた、名作が帰ってきましたよ。

著者:折原みと
カバーデザイン:金澤浩二

「制服のころ、君に恋した。」に引き続き、表紙の絵を担当。
銀杏並木の中を歩く、看護実習生の由花の足元を描いてみました。
黄色がきれいに出て、よかった。

時の輝き (講談社文庫 お 107-2)

折原 みと / 講談社

制服のころ、君に恋した。 (講談社文庫 お 107-1)

折原 みと / 講談社



2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-14 21:51 | 仕事のお知らせ(書籍)
b0166144_21363666.jpg
最近の菊千代のお気に入りのくつろぎ場所。(アトリエの下の階の踊り場)

もう、毎週毎週歯医者さんに行くの飽きちゃった。
たしか6月から通ってるんですよ。
ちゃんと歯磨きもして、歯間ブラシもして、ウォーターピックもして、イソジンガーグルもして、フッ素入りウ蝕予防歯磨きジェルまでしてるのに。(歯磨き以外は時々しかやってないけど)
どれだけ歯が弱いんでしょうか・・。

私が通ってるのは、恵比寿の古いマンションにあるこぢんまりとした歯医者さん。
ここは長年通ってる、お年寄りの方が多いんですよね−。
じっくり丁寧で親切な診察で絶大な信頼感があります。
そのせいで、時間がかかるので予約してもかなり待たされるのですが、皆さん静かにジイィーッと待ってます。
今日は院長先生と受付の人がいなくて、娘さんの先生(私の担当)と歯科衛生士の人だけだったのでとっても忙しそうでした。

私は気に入ったところには長年通っちゃうんですよね。
この歯医者さんはもう10年以上。
自由ヶ丘のリンパマッサージもたぶん4年以上。
ヘアカットのTWIGGYは7年ぐらいかなあ?
最近特にそういう傾向が。
いろいろと新しいモノに手を出したりして失敗しながら、自分に合うものを見つけられたって感じなのでしょうか。


公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-13 23:22 | 日々のこと

質実剛健な犬グッズ

b0166144_20342267.jpg
なんかかっこいいです。いくら(ケアンテリア 6歳)も男前になるでしょう。

うちのSさんがブラックスーツを作るので、またまた一緒にワークルームへ。
黒っていうだけなのに、ちょっと光沢があったりちょっと厚手だったり織り方がななめだったり。
やっと生地を決めても、ポケットを斜めにするかとか、ボタンステッチを斜めにするかとか、サスペンダー用のボタンを付けるかとか、ズボンのポケットは裏地の中に付けるかとか・・・もーいろいろ決めること多すぎっ!
いちいち「ほほー」と感心しながら見ています。

その後、前から気になってた目黒通り沿いのペットグッズのお店HUNTERへ。
すごいいいお店でした。
本当に使えて丈夫でさらにかっこいい商品が厳選されています。
ちょっと高かったけど、いくら用の首輪を購入。
松山油脂と共同制作したシャンプーも買ってみました。
近所で使えるお店を発見できてよかった−。


公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-12 20:43 | 日々のこと

現代武道を体験

b0166144_19123675.jpg
かなりの腕前の方々の技も見る。日本男児って感じでかっちょいい。

知人に誘われて、杖道の初心者体験コースに参加しました。
杖道ってなあに?って感じだったのですが、やったことも見たこともないのでおもしろそうだったので。

で、どんな感じかというと、お面をつけない剣道みたいで、竹刀のかわりに肩までの高さぐらいの杖を使います。
杖に上下は無くって、その杖の上で手をスルスルっと動かして両手を使って右や左から「えいっ」って感じで突いたりします。
うーん、うまく伝わってないと思うんですが・・・。

数人にひとりの先生(なんとなく元警察官って雰囲気の人が多かった)が付いて、基本から教えてくださいます。
杖の表面がツルッとしてて手触りがいいです。
右から突く時は、右足が前とかいろいろ決まってて、途中で頭の中がぐちゃぐちゃになるけど、楽しかったです。
上手な人たちの実技では、くさりがまの演技とかも見られて迫力満点でした!
ただ、説明してくれる時間が多すぎて、もっと実技もしたかったし、もっと上手な人たちの演技をじっくりみたかったです。

これを続けるかどうかは、まだちょっとわからないけど、気持ちよかったので、まあよかったなーと思った一日でした。
知らない日本の事っておおすぎる!


公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-11 23:11 | 日々のこと
b0166144_136087.jpg
いくらと菊千代のエサの量ってこんなに違うんです。

ひさしぶりにライブハウスに行きました。
前に行ったのがいつなのか覚えてないぐらいです。
大好きな「たむらぱん」の追加公演。
ライブハウスなんだから立ち見に決まってるのに、うっかり何も考えないで「行く行くっ」って返事した後で、ずっと立っているのかあ・・・憂鬱だなあとちょっと後悔。

渋谷の109前で、友達と待ち合わせ。
うわあ、完全に浮いてます。
他にも数人、浮いてる雰囲気の人がいたのですが、そういう人も居心地が悪いのか、なんか固まって近寄ってきます。
なのでよけいに周りと浮いてる空間ができてしまいました。

道玄坂を上がって、たどり着いたライブハウス。
会場は始まる15分ぐらい前なのに、ぎっしり。
でもうまくすり抜けて、前のほうの少し段が高くなってる位置をキープ。
たむらぱんのファンって男性が多いのにびっくり。
2/3は男性のような気がしました。

そして、たむらぱん登場−!かわいい。
髪型はショートヘアのてっぺんがリーゼントみたいになってる。
最初の曲が「ちょうどいいとこにいたい」。
この曲、よく口ずさんでるし、いきなり気分が盛り上がります。
たむらぱんの声ってとっても伸びやかで聞こえやすいの。
歌詞も内容は等身大だけど、ちょっとひねくれてたり頑張ってる人の気持ちが入ってたり言葉遊びみたいなのがあったり、そういうのが気持ちいい。
さすがに2時間ずっと立ってるのは疲れたけど、最後の「チョップ」では全員で「チョップ!チョップ!」ってやってスカッとしました。
たむらぱんが「今日一緒にここにいるのって、奇跡みたいだけど必然。」って言ってて、私もそうだなあ、この空間にいられて幸せって思いました。
新曲の「バンブー」もすっごくよかった。
竹のように細くてかなりゆらゆらするけど、折れないっていう人をイメージしたんだって。

ノウニウノウン(初回限定盤)(DVD付)

たむらぱん / コロムビアミュージックエンタテインメント

ブタベスト

たむらぱん / Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)



公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-09 23:37 | 日々のこと
b0166144_1001065.jpg
サイズ:42.0 × 23.5 cmと大きめです。

企画:平田麻子(Think the Earth プロジェクト)
デザイン:気流舎図案室

2005年に1万部限定で発売され、完売となった絵本『えこよみ』を、再構成したものです。
絵本のサイズよりも大きめ。

ぜひ机の前の壁などに貼って、日本の四季折々や季節の言葉を楽しみながらよい1年をお過ごし下さいませ。
現在はThink the Earth SHOPから購入できます。


公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-09 10:05 | 仕事のお知らせ(グッズ)

フィッシュストーリー [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント

フィッシュストーリーについて、しつこくてすみません。
2度映画を観て、どこがおもしろかったのかとかいろいろ考えてたらまた感想が書きたくなって。

この作品は、一つの音楽が作られて、その音楽が作られるまでにも物語があって、その音楽を聴いた人から別の人の物語に繋がって、最終的に音楽がハッピーをもたらすみたいなお話です。

でも登場人物それぞれの人生を見てみると、全然成功してなかったり挫折したり地味だったり。
自分のやってることに「意味なんてあるのか?」って疑問を持っていたり。
世の中に名を残してる人なんていないんだけど、彼らの人生やエピソードがないとこの結末には至らなかったわけで、だからハッピーエンドばかりじゃない人生でも全然無駄な人生ってないんだなあって思ったんです。

私もちょっと前までは、「人生なんて一度きりだし」って思っていて、自分が死んだ後の事なんてあんまり興味なかったんだけど、でもそうじゃなくって自分のやってきたことはずっと先に続くのかもしれないって思えてきてて、それがこの映画でまた「そうだよね」って確信できた気がします。


公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-09 10:00 | 映画
b0166144_9495414.jpg
アロハシャツがプリントされたような不思議なTシャツです。

小林聡美さん主演の映画プールの公開に合わせて作られたTシャツです。
絵柄は、小林聡美さんの最新エッセイ「アロハ魂」のもの。
b0166144_10122828.jpg
そうそう、本のカバーを外すと私の描いたハイビスカスがこんなにかわいくデザインされています。

アロハ魂

小林 聡美 / 幻冬舎



公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-09 09:58 | 仕事のお知らせ(グッズ)

スープドポワソン

b0166144_16443226.jpg
目が覚めたらお酢の匂いが漂ってました。ブランチは、うちのSさんの作ったいなり寿司。

台風が近づいている不穏な天候の中、夜はお出かけ。
フレンチビストロです。
アラカルトでいろいろ楽しみました。
私が一番気に入ったのは、スープドポワソン。
まだセツモードセミナーに通っている頃、「セツ先生と行くフランス・イタリアの南をめぐるスケッチ旅行」で3週間ぐらい旅した中で、はじめてスープドポワソンを飲んで、「すっごい美味しい!」って思ってから、すっかり好きな料理になりました。
といっても日本ではそんなにメニューで見かけないので、数回しか飲んでないと思いますが。
前菜のバイ貝(だったかな?)と青い野菜(針がつく名前だった)のエスカルゴソースを食べた後、スープが来ました。
スープと別に運ばれてきた、カリッと焼いたバゲットにはグリュイエールチーズが乗っかってます。
お店の方が「まずはそのままお召し上がり下さい。二口目からスープへどうぞ。」って言われたのに、一緒に行った人は、いきなりスープへドボン。
「あっ、一口目はそのまま味わうんですよー。」と言いながら、私は溶けてないチーズの乗っかったバゲットって食べにくいなあと思いながら一口食べました。
でも、二人とも間違ってたのです。
一口目をそのまま味わうのは、スープじゃん!


公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-07 23:43 | 日々のこと

キモノスイッチ大受注会

b0166144_1059533.jpg
キモノスイッチのオリジナルコートを買いました。これで帯がちょっとグチャグチャでも隠せます。洋服にもOK!

キモノスイッチの大受注会「キモノと僕の未来」に行ってきました。
以前、手ぬぐいや浴衣の制作でお世話になったデザイナー芝崎るみさんの新ブランド「ルミフルール」の新作メインの予約会。
ひさしぶりに神楽坂へ。
最近来るたびに街の様子が変わっています。

で、新作の着物たちは、シンプルでロックを感じられてさりげなく遊び心があってすごくいい!
帯や長襦袢もさすがな出来映え。
b0166144_1102331.jpg
着物を楽しくしてくれる小物も充実。
革の色から選べて手のサイズに合わせてオーダーできる手袋も注文。
この秋冬こそ、着物を着ます!
タイミングよく、芝崎さん・金子さんなど、みんなが勢揃いしてました。
b0166144_1103583.jpg
いやー何時間いても飽きない感じ。


公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-10-06 23:58 | 日々のこと