イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

<   2009年 11月 ( 39 )   > この月の画像一覧

うまい棒を食べた

b0166144_2035169.jpg
うまい棒に描いてある絵と配色ってすごいね・・・。

友達がミクシィの日記によく、うまい棒のことを書いてて、どこそこには何味があるとか、限定だとか、最近では「うまい輪」っていうのも出たとか、私はぜーんぜん興味ないのに。
でもここ数日、急にとーってもうまい棒のことが気になって、コンビニに行って買ってきました。
なんか四種類ぐらいあって、悩んだんだけど、たしか「めんたいこ味」が一番おすすめだったのでそれ。
食べた感想は・・・「チープでうまーい!」。
体に悪そうだし、原料のところを読むとクラクラするけど、一番びっくりしたのが10円ってところ。
これだけ買うのはなんか気が引けたので、SPURと一緒にレジに持って行きました。

今日、2ヶ月に1度のリンパマッサージに行って、先生に「お腹と太ももが痩せましたね!」って褒められたのに(これは9月からの肉・魚を減らした食生活のおかげだと思う)、またまたジャンクに目覚めそうな感じです。
いっときじゃがボックルをむさぼるように食べてたときがあったけど、そういうことにならないよう、2週間に1度、1種類づつ買う事にしよう。
次は「えびマヨネーズ味」の予定。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-13 20:47 | 日々のこと
b0166144_22543441.jpg
もう、最近無印良品の品質と肌触りのよさに惚れてます。

パジャマは、ずっとシルク派だったんですけどふと立ち寄った恵比寿アトレの無印良品でこのパジャマを発見。
触るとふんわりしてるし3000円以下安っ!と思って購入。

足の部分がちょっと長めで全体的に細めのシルエットです。
映画「時計じかけのオレンジ」のファッションっぽいなあと思う。

ウエスト部分がのびるようになってて、ちょっと腹巻きっぽくなるので寝冷えしなさそうだし、とにかく肌触りがいいのでもう手放せません。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-11 23:02 | ファッション

JUNK FOODのTシャツ

b0166144_2275783.jpg
もう10枚以上持ってる。

夏にアトリエで絵を描いてるときは、ここのTシャツばかり。
やわらかい素材で着心地がすごく好き。
薄手で、シルエットがほっそりしてて袖口細め、丈が長めなのでスタイルが良く見えます。
柄も、ギリギリばかっぽい感じが好き。
あまり柄物は着ないけど、レトロ感のあるこの柄は、カジュアルな日常着ならOKかなと思ってます。

そしてヴィンテージ感のある仕上がりなので、洗ってもあんまりクタクタな感じにならないんですよ。
他のTシャツだと、1年でさよならって感じだけど、ここのは少なくとも2年は持ちますね!


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-11 22:14 | ファッション

Calzaloneのレッグウェア

b0166144_2241289.jpg
もう、いったいいくつ買った事か。

六本木ヒルズ内にあるCalzaloneは福助のフラッグシップストアです。
ここのタイツとか靴下がものすごく好み。
ちょっと遊び心があるけど、下品すぎず。

この間も、シルバーラメのタイツを購入。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-11 22:06 | ファッション
b0166144_21581129.jpg
合皮なのでかなりヘビロテです。

甲の部分がクシュッとしたデザインがかわいい。
こう見えて、ヒールも4センチあるんです。
履き心地いいし、雨の日も履けるし、モード系の洋服にも合うのでとっても便利。
値段が6000円しないのがびっくりですよね!


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-11 22:02 | ファッション

幻影の書

ポール・オースター / 新潮社

人生で最も大切だったものを失って失望の日々を送る主人公が、ひとつの無声短編映画に魅せられ、若くして映画界から去って行ったその主演俳優ヘクター・マンに関しての本を出す事だけに没頭。
そして死んだと思っていたヘクター・マンが生きていた・・。
そういうところからこのお話は始まります。

ヘクター・マンが監督&主役を演じた映画の描写部分など、文字だけで書かれているし、もちろん実際には撮られていない、この本の中の映画なのに、読んでいるとまるで映画のシーンが次々と頭の中に思い出せるような気持ちになります。
本なのに、映画みたい!目の前で何か演じられているようです。

アルマという女性とのすごく短い愛の日々もヘクター・マンの数奇な人生もその妻との日々も映画も全てが濃密でそしてまぼろしのようで不思議な読後感でした。
あっという間に読めた!


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-11 18:38 |

今年も先生しましたよ

b0166144_18404899.jpg
今日はね、今までで一番緊張しなかった。

年に1度の、東京モード学園での特別講師。
もう5回ぐらいじゃないかなあ?
さすがに慣れましたねえ。
秋山先生も毎回すごくリードしてくださるし。

もうっ、勉強中の学生さんたちのキラッキラの眼を見てると、「頑張って!」って思うし、私がここに来ていて話してる事が、なにかみんなの心の片隅にでも残るといいなあと思ったよ!

新しくなった学校の建物すごい!


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-10 18:46 | 日々のこと

いのちの初夜(北条民雄)

いのちの初夜 (角川文庫)

北条 民雄 / 角川書店

ハンセン病が不治の病とされていた時代に、療養所に隔離されていた患者だった人が書いた小説です。
かなり自伝的な感じだと思います。
周りの人間も自分も肉体的に緩やかに朽ちていく様子がかなり詳細で、想像するととってもキツかったです。
「この病になったとたんに、社会的人間として滅び、生命そのもの「いのち」になる」と語り、崇高であろうとする人。
「どんなに精神が勝利しても、この肉体の敗北がたまらない」と死を選ぶ人。
普通の社会生活に戻ることの出来ない中で「生きる」ことを考えた人たちのお話です。
彼らの絶望感がどんなものだったのか、そして生きることがどんな意味を持っているのか、全てをわかったとは思えないけど、深く考えさせられる本です。
全体的に「死」へ着実に向かっている人々の話は悲しいけれど、生への力強さをしっかりと感じました。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-10 15:07 |
b0166144_14435723.jpg
文庫本サイズってやっぱりかわいいですね。

Presentsが五刷になりました。
嬉しい!
単行本とちゃんと同じ作りになっていて、紙質がいいから絵の色もきれいに出ていて、自分でもとても好きな本です。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-10 14:46 | 仕事のお知らせ(書籍)

はじめての鹿児島その3

b0166144_2123217.jpg
宿のお部屋は二部屋&ぐるりと廊下があって、露天風呂も紅葉が見えたり川の水音が聞こえたり気持ちいいです。

今朝は朝からシトシトと雨。
赤くなった紅葉がお風呂に散ってたりしてきれい。
朝ご飯も本当に美味しくて、土鍋で炊いたご飯やイワシの焼いたのとか堪能。
でも朝ご飯を食べる習慣がもうないし小食なので1/5ぐらいしか食べられなかった・・・。
ぜひ小食コースを作ってほしいなあ。
この宿は全体が小さな村みたいになってて部屋数が少なくて、全体的には地味な趣。
b0166144_21231081.jpg
本当にくつろげます。
お客さんもカップルメインで若い人と年配の人と半々な感じだけどすごく静か。

やりすぎず素朴さを残した古くさい宿は、ちょっと飾ってるお花とか素朴で荒々しいお料理とか、静かで控えめなサービスとか、本当のおもてなしはなにかというのをわかっている宿でした。

あー行き当たりばったりだったのに、なんだかとってもいい旅でした。
鹿児島っていいなあ。大好きになっちゃった。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-09 21:30 |