イラストレーター/アーティスト松尾たいこの 日々のこと・映画・本・旅など


by taikoma

<   2009年 11月 ( 39 )   > この月の画像一覧

はじめての鹿児島その2

b0166144_20484852.jpg
感動で鳥肌が立ちそうになった、千本楠。私の小ささでその雄大さが伝わるかな?

なんとなくうろ覚えで「千本楠」に行きたい!って思ってて、調べたらちょうど今日の宿の途中。
それは、日置町にある大汝遅(おおむなち)神社にあるらしかったので、さっそくドライブ。
神社もすごーく地味だけど気持ちがよくって、そこには願掛けのご神木もあって。
でも一本だけだなあって思って、ぼーっと歩いてたら境内に居た人が「そこの先に千本楠もあるからぜひ見てください。」って声をかけてくださって。
みるとちょっと先にも古そうな鳥居。
わずか数分、テクテクと歩いて行くと、左側に「わああぁー」っと巨大な楠たち!
なんかもう、空間の空気が違うんです。うまく説明できないけど、涙が出そうでした。
いったいなぜここだけこんなに大きなそして古い立派な楠たちが集まってるんでしょうか。

もう今日はこれを見ただけで、「すごい1日だった」と確信できる感じだったのですが、宿が霧島新宮近くだったので、やっぱり霧島神宮も行こうかって話になり。
お腹すいたので、ランチはまたまた「食べログ」チェック。
霧島神宮近くの「瓦そば 鈴よし」へ。
なんか見た事も食べた事もないそばでしたよ。見て、こんな感じ。(二人前)
b0166144_21105248.jpg
熱々の瓦の上に、そば(間に牛肉入り)・その上に、刻み海苔・錦糸卵・大量のネギ・レモン・紅葉おろしが乗ってます。
ポン酢っぽいものにそのそばをつけて食べます。
途中でレモンや紅葉おろしを足すと、味が変わってきてさらに美味。
そばがほどよくぱりぱりになってる感じも好きです。
お店の方が全員女性でとっても楽しそうで感じよかったのも印象的でした。

で、その後霧島神宮へ。
もちろんそこもよかったんだけど、そこから少しだけ歩いたところにある山神社が好きでした。
誰もいない・・・。
そしてついでに行ってみるかって軽い感じで、高千穂峰の裾にあるかつての霧島神宮跡へ。
途中の山道の両側の木が、道に向かって生えていて迎えられてる感じ。
全然期待してなかったのにほぼ紅葉しててきれいで見とれてしまいます。

そして車を止めて、すこし歩くと「天孫降臨神籬斎場」。
高千穂は神様が最初に降りてきたところらしいですね。(たぶん)
なんにも感じる事のない私も、清々しくて神々しいものを感じた気が少ししました。
b0166144_21112558.jpg
っていうか、着いたときにはまだ曇ってたのに、あっという間に晴れちゃって、いつまでもそこに居たい気持ちになってしまいました。
今日1日で、すばらしいものを見すぎて、くらくらしながら今日の宿忘れの里 雅叙苑へ。
渋いです!もう、すっごく私たち好み。
派手さは無いし、古くさいんだけど、日常を忘れられる空間。
昔の農家を移築したお部屋はそれぞれ違ってて、川が見える露天風呂つき。
ごはんは特に、いままで泊まったホテルや旅館の中で一番かも!
b0166144_21121963.jpg
季節の野菜の盛り合わせや天然鮎の塩焼き・よもぎやおおばこなどの摘み草の天ぷらなど。
天然の乾燥鮎のそばつゆを使った手打ち田舎そばもうまい。
全体的に地味だけど、丁寧に作られた優しい味です。
あーこういうのを求めていました、私は!
ただ、量が多いのが難点かなあ・・・。
それぞれをしっかりと大切に味わいたかったです。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-08 23:48 |

はじめての鹿児島その1

b0166144_1922074.jpg
1時間ぐらいの間に三回噴火してた。

鹿児島って行った事ないなあって話になって出かけてきました。

うちのSさんとの旅のパターンは、ホテル(あるいは旅館)とごはんが重視されます。
あとはのんびり出来ればいいかなーって感じ。
そして旅の予定は海外だとだいたい3ヶ月前、国内でも1ヶ月前には予定を決めちゃいます。
二人ともフリーランスで突発で仕事が入ってくる稼業なので、そうしないといつまでたっても旅行に行けないんですよね。

今回も1ヶ月半ぐらい前に、まずは宿を予約。
ネットの口コミサイトやブログなどをチェックしまくって、決めました。
そして、どこをまわるかはいつもだと数日前に決めるのですが、今回はあまりに忙しくて出発前に決められませんでした。
とりあえず鹿児島空港に着いてレンタカーを借り、鹿児島市内へ。
車内でiphoneで「食べログ」チェック。
そしてランチは点数が高かった熊襲亭へ。
ここが大当たり〜。
まずは鹿児島郷土料理ほぼ制覇。
きびなごの刺身は新鮮でキラキラ光ってて、酢味噌で食べます。
地鶏の刺身・黒味噌や焼酎などでじっくり煮込んだ豚のとんこつ・さつま揚げを堪能。
はじめて存在を知った「酒ずし」にびっくり。
b0166144_20372479.jpg
残った海の幸やごはんを酒と一緒に壷に放り込んだものが発酵したのが始まりとか。
濃厚で大人の味でした。

観光っていえば、とりあえずは「桜島」かな?とフェリーで渡りました。
なんだかすっごく灰が降ってきて、この島の人たちはこんな中で毎日暮らしてるのかあと思っていたら、今って20数年ぶりぐらいに噴火が活発みたいです。
もう、顔も口の中もざらっざらな感じ。

そのあと、今日の宿砂むしの幸別邸 悠離庵へ。
もんのすごい山奥でした。
鶏と山羊とうさぎが居ます。
b0166144_20385677.jpg
山羊には洋服をちょっと食べられた。
お部屋は全部が離れになっててそれぞれが広大で、露天風呂とかが広いお庭にあって気持ちいい。
b0166144_20382044.jpg
スタッフの方のおもてなしもすばらしくって、ごはんも超うまい!
お料理のボリュームも私にちょうどいい感じで、とってもやさしいお味。
ヤギのミルク豆腐・カツオのタタキ・知覧茶のお鍋でいただく黒豚のしゃぶしゃぶが特に印象的。
b0166144_20402655.jpg
ちょっと残念なのが、室内の家具とか小物が日常感あふれる感じなところ。
友達のお家に泊まってるみたいな感じ?高級でなくていいから、素朴でセンスのいいものをもっと揃えてほしいなあ〜。
でも満足度高い宿でした。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-07 23:19 |

キャピタリズム

b0166144_19161259.jpg
ものすごく久しぶりの試写会です。
マイケル・ムーア監督の最新作キャピタリズム

簡単にいえば、アメリカの資本主義の現状を描いた映画。
2008年9月のリーマン・ブラザーズの経営破綻から始まった金融危機や住宅ローン(サブプライムローン)の問題など。

弱者側に立った映像は圧倒的でショック。
アメリカってここまでなっちゃったんだ・・・って感じで。
もちろんユーモアたっぷりに、公的資金で救われた銀行へ「金を返せ!」と押し掛けたり、勝手に「逮捕しにきたぞ!」ってメガホンで呼びかけたりのシーンも満載。
見応えあります、この映画。

だけど、アメリカの政治とか経済を知り尽くしてるわけではないので(むしろほとんど知らない)、この映画だけでどちらが悪いって判断するのは危険だと思う。
家を追い出されて途方に暮れてる家族をかわいそう、と同情の目で見る事は簡単だけど、これってたぶんこの問題の一部しか見てないんだと思う。

どちらかが全て正しくてどちらかが全て間違っているということはないはずなので、でもどうしてこんな結果になったのかな?と考える事は大事。
日本はまだここまで悲惨にはなっていないけど、無知なままではいけないな、自分の頭で考えなきゃなって思った。

でも一つだけ思ったのは、最低限の生活は保障されるべきだということ。
「大型テレビを買うとか贅沢をするわけでなく、日々の生活をしたいだけ。」という労働者の気持ちは心に響いた。
そして労働に見合った報酬はもちろん大事だけど、銀行の役員が従業員の400倍の報酬をもらうっていうのはそこまでの格差は必要なのか?って思った。

みんな、考える一歩のためにこの映画おすすめですよ。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-06 19:14 | 映画

六本木ヒルズの夜

b0166144_14192558.jpg
古木が手をつないだみたいになってた。

気づいたらもう終わりそうだったので、急いでアイウェイウェイ展へ行ってきました。
中国を代表するクリエイターだそうです。

古い家具や中国のお茶などを使って、新たな作品を作っています。
急激に変化していく中国への不安とか伝統を今後どう伝えていくのか・・・などを表現した作品群は激しさはないけど、静かにそして大きく存在していました。

そして初めて、スカイデッキへ。
地上238m、森ビルの屋上です。
b0166144_14193463.jpg
ほとんど遮るものがなく、東京をぐるりと見渡せます。
気持ちいい。
高層ビル群のライトがピカピカしてウインクしてるみたいでした。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-05 23:17 | 日々のこと

百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))

ガブリエル ガルシア=マルケス / 新潮社

マコンドという村を開拓したブエンディア家の百年の歴史。
ブエンディア家の人々はそれぞれの時代でいろんな人生を歩み、次の世代とかかわり合いながら、生きて行く。
ある人は歴史的な英雄になり、ある人は若くして死んだり忘れ去られたり。
幸せになるかと思えばそのチャンスを逃したり。
栄えた村も最後は廃墟になり、そこに暮らしていた人々もみんないなくなってしまいます。
歴史の中のたった一瞬しか生きられない人間の生命力と、はかなさを感じました。
諸行無常だなあ。

最初のほうでは、みんなが同じような名前で(ホセ・アルカディオとかホセ・アルカディオ・セグントとか)混乱してなかなか読み進めなかったんだけど、途中からどんどん引き込まれて行きました。
架空の村の架空の一家の架空の生活なのに、とても詳細に描かれていて、それなのに普通ではありえない事がたくさん起こります。
かなりファンタジーな感じ。
でもそれが当たり前の事のように描かれている事で、すんなりと他の事柄(例えばみんなが食事をするとか、パーティをするとか)と同じように受け入れられます。

ちょっと村上春樹の「1Q84」みたい。
映画で言うと、「マグノリア」とか。
現実とファンタジーが一緒になってて、こういうのとっても好きなんです。

私が好きなのは、小町娘のレメディオスがシーツに包まれながら空に舞い上がるシーン。
でもこのシーンって有名らしいですね。
レメディオスの自由な生き方も好きです。

読んだ後、しばらくぼおーっとしてしまいました。
読み終わった事がもったいなくて、また最初からいつか読みたいな。
たぶんこの本は読むたびに感じ方が違ってくる気がするから。
すばらしい作品は人生を豊かにしてくれますねっ。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-05 14:50 |
b0166144_1954268.jpg
かなりわざとらしいシーンも撮りました。

今度、雑誌で特集されます。
その中で、実制作を見せる「メイキング」コーナーがあるので、タイミングよく受けた奇想コレクションの制作過程を掲載する事になりました。
今日、祖父江さんの事務所、コズフィッシュに打ち合わせに行ったので、まさに今日がスタートです。
使うかどうかわからないけど、打ち合わせ風景も記録として写真に撮ってもらいました。

雑誌の発売は1月になると思いますが、この仕事の依頼→ラフ→着色→仕上げまでを追った記事になる予定。
今日の打ち合わせで、方向はほぼ決まったけど、またまた祖父江さんたちをびっくりさせるようなものを描けるよう気合い入れなきゃ。

奇想コレクションはこれでシリーズ18冊目です。
記念すべき一冊目はこれ。

夜更けのエントロピー (奇想コレクション)

ダン・シモンズ / 河出書房新社

一冊目だけの依頼だったのに、そのままずっと担当させていただいてます。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-04 19:18 | 日々のこと

ごはんがおいしい毎日

b0166144_9431630.jpg
ブランチはお豆腐の照り焼きがおいしかった。
あとは、おかゆ・煮物・アボカドと水菜の和え物など。

最近、おかゆが気に入ってます。
五分づき米のおかゆは、とっても香りがよくて味付け不要。
b0166144_9432419.jpg
食後に焼きリンゴを作ってもらいました。
うちのSさん、二度目の挑戦です。
前回はワインだったけど、今回はラム酒。こっちのほうが断然おいしかったな。
b0166144_9433526.jpg
夜はキャベツとアンチョビのパスタ・カリフラワーのスープなど。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-03 23:42 | 日々のこと

Suzanneの手袋

b0166144_18365639.jpg
肌触りもすごくいいです。

etsyって知ってます?
海外のサイトで、いろんな人が手作りのものを売ったり買ったりできるんです。
今回初めて購入してみました。

英語苦手だけど、なんとなく雰囲気でやってみたら、ちゃんと商品が届きましたよ。
一週間もしないうちに!

UKのSuzanneさん手編みのグローブ。
指なしのグローブが欲しいなあと、以前からちょくちょくサイトをのぞいていたのですが、このシマシマ具合が気に入って。
毛糸もシルクなど使ってるので、ちょっと高め。(といっても6000円弱)

「私の手袋が日本で使われるなんて嬉しいわ!」みたいな感じのメッセージもついててなんか嬉しかった。

でも、ひとつ失敗が。
別の手袋がなぜか6ドルで売ってて、安いなーと思って一緒に購入したのに、入ってない。
で、よく見ると、それはその手袋の「PATTERN PDF」(編み方)を売ってただけだったのでした。
英語が出来ないとやっぱりだめですね。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-03 18:38 | ファッション

冬みたいで凍えそう

b0166144_752550.jpg
ボールをいくらに取られてしまいました。

今朝は駒沢公園のドッグランへ。
寒いせいか、ラブラドールが一匹いただけでした。
菊千代、ラブラドールとおおはしゃぎしすぎて、足から流血。

夜は恵比寿でごはん。
恵比寿は近くていいねえ。
駅からすぐの和食屋さんは大にぎわい。
和食だと完食できちゃうのがすごいね。
なんかね、いっぱい話をしてたら、すごく刺激を受けて、
そしたら絵ももっと描きたくなったし、旅にも行きたくなったし、いろいろ勉強もしたくなった!
そして、ほろ酔いでお店を出ると、ものすごい寒さにびっくりです。
近場のカフェでカフェラテ飲んで、それでも凍えそうになりながら帰路に着きましたー。


2010えこよみカレンダー販売中
公式サイトTAIKO MATSUO ART-WORKS
by taikoma | 2009-11-02 23:51 | 日々のこと